「こじはるよりエロい」元NMB48・三秋里歩、セーラームーン下着で抜群のスタイル披露

6月7日(木)15時0分 メンズサイゾー

 元NMB48の「りぽぽ」こと三秋里歩(みあき・りほ/23)が、自身のTwitterで「美少女戦士セーラームーン」のランジェリーを身に着けたオフショットを公開。そのセクシーさと抜群のスタイルに絶賛が巻き起こり、男性ファンが沸き立っている。


 NMB48時代は本名の「小谷里歩」で活動し、一昨年のグループ卒業と同時に現在の芸名に改めた三秋。現在、彼女は乃木坂46欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾として秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクト「吉本坂46」の一般投票形式のオーディションに参加している。


 三秋は第3次オーディションで3位。続く第4次オーディションは「神の一枚」をテーマに水着写真で審査されることになり、三秋はピーチジョンと「セーラームーン」のコラボ下着をまとい、洗面台に腰かけているカットで勝負に挑んでいる。


 自身のTwitterでオフショットを公開しており、6日付の投稿では「今までやらせていただいたグラビア撮影みたいな爽やかさだったのでボツに。今回、爽やかさはNGにしたんです」と綴りながら、グラビア風のアナザーカットを披露した。


 ボツになった写真とのことだが、これにネット上のファンからは「いい笑顔で可愛い!」「十分いい写真」「くびれほっそ!」「小嶋陽菜さんが着てた時よりエロい」などと絶賛コメントが殺到。三秋は6月10日の投票最終日まで「毎日一枚『神の一枚』に選ばれなかった写真を載せていきますね」と宣言しており、大サービスでファンを喜ばせている。


 三秋はNMB時代からキュートなルックスと抜群のスタイルでグラビア人気が高く、2015年にはファーストソロ写真集『蛇口』(学研パブリッシング)をリリース。安アパートのシンクにビキニ姿ですっぽり収まっている衝撃の表紙カットで話題を呼んだ。


 昨年6月には初の主演映画『霊眼探偵カルテット』が公開され、今夏に上演される舞台『ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018〜The End of 希望ヶ峰学園〜』への出演が決定するなど、女優としても注目度が高まっている。


 5日に発表された「吉本坂46」の第4次オーディション速報結果では、セクシーな下着姿と抜群のスタイルで支持を集め、ゆりやんレトリィバァ(27)や脚本家の旺季志ずか(年齢非公表)ら知名度で勝る強豪を押しのけて2位を獲得。この勢いのまま「吉本坂46」メンバー入りを勝ち取れば、本格ブレイクも見えてきそうな気配だ。

(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「NMB48」をもっと詳しく

「NMB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ