仮面ライダージオウ&騎士竜戦隊リュウソウジャーの劇場版最新ビジュアル公開

6月7日(金)8時0分 おたくま経済新聞


 平成仮面ライダーシリーズ20作目の「仮面ライダージオウ」と、スーパー戦隊シリーズ43作目の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の劇場版最新作「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」「騎士竜戦隊 リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」が2019年7月26日に全国公開。今回、その両作品の単独ビジュアルが公開されました。

 「仮面ライダージオウ」は、平成最後の仮面ライダー作品であり、令和を生きる最初のライダー。歴代の平成仮面ライダーの力を駆使する仮面ライダージオウが大活躍する作品です。一方の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は、強さの象徴である「恐竜」と、正しさの象徴である「騎士」をコンセプトにした新時代を切り開く作品。両作品とも日曜日にテレビ朝日系列で、「仮面ライダージオウ」は午前9時から、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は午前9時30分から放送されており、子供たちにとってこの時間はゴールデンタイムと言っても過言ではありません。

 「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」のビジュアルは、仮面ライダージオウ オーマフォームが王たる威厳をもった堂々たる様子で玉座に座る姿が描かれています。この仮面ライダージオウ オーマフォームは今作で登場する究極のフォーム。そして、ジオウの周りには時空の壁に散りばめられた平成仮面ライダーたち。今作オリジナルの仮面ライダーである、仮面ライダーバールクス、ザモナス、ゾンジスをはじめ、時代と共に存在してきた様々な平成仮面ライダーのキャラクターが描かれるビジュアルは、まさに平成仮面ライダーの最終章であることを表現しているようです。

 さらに、「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」のビジュアルでは、6500万年前の恐竜時代に降り立ったリュウソウジャーが描かれ、リュウソウジャーの時空を超える冒険が表現されています。そして、その背後にはリュウソウレッドの相棒である騎士竜のティラミーゴ、そしてそのティラミーゴに対峙するかのようにそびえ立つ、6500万年前に存在した黒と金の騎士竜・ディノミーゴ。さらに上空には迫りくる超巨大隕石が……!この超巨大隕石にリュウソウジャーたちは、いったいどのように立ち向かうのか?壮大なスケールが表現されたポスタービジュアルとなっています。

 この夏、「仮面ライダージオウ」と「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の2大ヒーローが、時空を超えた大冒険を繰り広げるようで、子供たちにとっては例年よりもさらにアツい夏になりそうです。

(c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (c)2019 テレビ朝日・東映 AG・東映

情報提供:東映

(佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「仮面ライダー」をもっと詳しく

「仮面ライダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ