佐藤大樹(EXILE)主演舞台「錆色のアーマ」がアニメ化決定 声優を担当することも発表

6月7日(金)16時0分 おたくま経済新聞


 2019年6月6日から天王洲の銀河劇場で、「『錆色のアーマ』−繋ぐ−」が開幕しましたが、そこで行われた初日会見で、「錆色のアーマ」のアニメ化が発表。舞台版と同じく、孫一役を佐藤大樹さん(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)、織田信長役を増田俊樹さんが声優を務めることが明かされました。

 現在、漫画やアニメ、ゲームなどを原作とした“2.5次元舞台”が人気となっていますが、「錆色のアーマ」は、その流れとは逆。まず舞台版が生まれ、そこから様々なメディアミックス展開を図っていくという、“逆2.5次元”とでもいうべきプロジェクトです。



 2017年6月に舞台版からプロジェクトが始動し、2019年1月にはプロジェクト第2弾として KADOKAWA「月刊コミックジーン」で、コミカライズの連載がスタートしました。そして、6月6日の新作公演「『錆色のアーマ』−繋ぐ−」の初日会見で、メディアミックスプロジェクト第3弾となるアニメ化が発表されました。

 孫一役の佐藤さんは、初日会見で舞台版「錆色のアーマ」について、「この作品は、自分たちが原作になるので、稽古段階から役者と演出の元吉さんの全員で苦労しながらたくさん話し合いました。」と話していました。そして、アニメ版については、6月6日に自身のTwitterで「声優さん……緊張です……。」と不安を覗かせていましたが、最後は「いよいよアニメ化です。世界初逆2.5次元プロジェクト!!この先も繋いでいきます!!」と、力強く語っていました。



 その他のキャストや放送時期などの詳細については、今後、発表されるとのことなので、続報を期待して待ちましょう。

情報提供:株式会社ネルケプランニング

(佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「EXILE」をもっと詳しく

「EXILE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ