『貴族探偵』で“青い制服の鑑識”役 田中道子が脱いだらすごいグラビアショット

6月7日(水)20時21分 Techinsight

冬樹和泉(田中)と鼻形雷雨(生瀬)(画像は『田中道子 2017年5月22日付Instagram』のスクリーンショット)

写真を拡大

相葉雅紀主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)で事件現場に登場する警察の鑑識・冬樹和泉の存在感が回を重ねるごとに増してきた。刑事の鼻形雷雨(生瀬勝久)やその部下・常見慎吾(岡山天音)にぶっきらぼうな口を利く男勝りな性格に見えるが、貴族探偵の運転手兼ボディーガード・佐藤(滝藤賢一)にぞっこんで彼に対しては純情な乙女となる。

その冬樹が着用する鑑識の青い制服はパンツタイプながらタイトな仕立てでスタイルの良さが分かる。美形な上に威圧感さえある態度が“S”っぽいのも魅力だろう。そんな彼女を演じるモデルで女優の田中道子が6月6日、『田中道子 michikotanaka_official Instagram』で「今週の#週刊ポストでグラビアやらせていただいてます」と画像を公開した。

「このショット平気そうな顔してるけど、体勢辛くてずっと震えてました笑」というが、むしろセクシーな表情に見える。しかも大胆に露出したオフショルダーでミニのドレス姿は“青い制服の鑑識”冬樹和泉とは真逆の世界観で同一人物とは思えないほどだ。

田中道子は2009年20歳の頃にミス浜松グランプリに選ばれ、その後もミス・ユニバース・ジャパン2011で3位入賞、ミス・ワールド2013の日本代表に選出という経歴を持つ。2016年に女優への転身を発表すると『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4シーズンで白水里果役を務めドラマデビューした。『貴族探偵』は彼女にとって2作目のドラマとなる。

第4話で佐藤に好意を持った冬樹和泉の「男勝り」と「乙女」なキャラクターのギャップを好演している。6月5日放送の第8話ではその冬樹の登場シーンが今までより長尺となったのも好評の表れだろう。雑誌グラビアで見せる魅力とあいまってこれから注目を集めそうだ。

画像は『田中道子 2017年5月22日付Instagram、2017年6月6日付Instagram「今週の週刊ポストでグラビアやらせていただいてます」』のスクリーンショット

Techinsight

「貴族探偵」をもっと詳しく

「貴族探偵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ