田口淳之介「土下座謝罪」に違和感続出 カンニング竹山「ドラマじゃないんだから」

6月8日(土)14時16分 J-CASTニュース

田口被告のインスタグラムより(一部画像加工)

写真を拡大

大麻取締法違反の罪で起訴された歌手の田口淳之介被告が2019年6月7日、勾留先の東京湾岸署から保釈された。その際、地面に頭を付けて土下座した姿をめぐり、ネット上では議論が巻き起こっている。

著名人らからは「土下座には驚愕した」という声や、「土下座などしないで、一礼して、おだやかに、しずかに、自分の思いを言われればよかった」との意見も上がった。



声張り上げて謝罪の後、約20秒にわたり土下座




黒いネクタイとスーツに身を包み、報道陣の前に姿を現した田口被告。報道陣を見据え、「みなさまにご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。そして、日頃より私の応援をしてくださっていますファンの皆様、関係者の皆様には、多大なるご迷惑をおかけしたことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。



ひとしきり話した後、「異例」の事態が起きる。田口被告は「本当に...申し訳ありませんでした!」と声を張り上げ、地面に手を付いて土下座。20秒ほどにわたり額を地に付け続けた後、足早に報道陣の前から去っていった。




この姿勢は、ネット上で物議を醸した。



元東京都知事の舛添要一氏は8日未明、ツイッターを更新し、保釈された田口被告について「罪を償い、更正してほしいが、土下座には驚愕した」と発言。「かつては票を欲しさに土下座した政治家も、今はもうやらない。更生と再起を誓うのなら、土下座ではなく、未来に向かって胸を張り、前を見てほしい」と促した。



お笑いタレントのカンニング竹山さんも同日未明、ツイッターを更新し、「ん?、ドラマじゃないんだから、それはやり方が違うのよ。芝居掛かっちゃ現実は逆効果になるのよ」と忠告しつつも、「きっと今までやってこなかったんだろうなぁ?。聞いてくれたら本気のやつ教えてあげたのに?。俺、本気の土下座は慣れてっからさぁ(絵文字)」とブラックジョークを交えた。



脳科学者・茂木氏「心の平穏から離れて適切ではなかった」



脳科学者の茂木健一郎氏は8日朝、「田口さんの土下座と、心の平穏」と題した記事を自身のブログで公開した。「ドラッグに手を出したり、依存症になられてしまう方は、日常でストレスを感じたり、心のバランスを崩すことがきっかけになることも多いわけで」としつつ、「そのようなことを起こりにくくするためには心の平穏を保つことが大切で、土下座はそのような平穏に反すると思う」と主張した。土下座をする行為や、土下座を強要する行為については、「心の平穏から離れていく分、それだけ、ドラッグに依存してしまうかもしれない心の状態に近づいていってしまうわけで、そういうことをせずに、心の平穏をあくまでも保たれたほうがよいのだと思う」と持論を展開し、



「田口さんは、土下座などしないで、一礼して、おだやかに、しずかに、自分の思いを言われればよかったのだと思う。土下座は時代錯誤だし、以上にのべたような理由で、心の平穏から離れて適切ではなかったと感じた」


と感想をつづった。



過去に不祥事を起こした芸能人をめぐっては、女性との浮気を報道された芸人・おばたのお兄さんが17年に単独ライブで、淫行事件を起こし謹慎していたお笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱さんが16年にバラエティー番組で、それぞれ土下座をして謝罪している。ただ保釈直後に報道陣の前で、というのは異例といえよう。



(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

J-CASTニュース

「土下座」をもっと詳しく

「土下座」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ