マツコ、「そっくり館キサラ」の新人オーディションに大爆笑

6月8日(土)8時0分 マイナビニュース

タレントのマツコ・デラックスが、きょう8日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』(毎週土曜23:00〜)で、ものまね芸人の卵たちとトークする。

今回は、創業27年の新宿のショーレストラン「そっくり館キサラ」の新人オーディションから中継。和田アキ子ものまねのMr.シャチホコや、番組ナレーターのホリなど、そうそうたる顔ぶれのものまね芸人たちがこのオーディションを経て活躍している。

早速、オーディションが始まる前の店内へ入っていくと、有名歌手や大物芸人にふんした参加者たちの姿に、マツコは大爆笑。オーディションの詳細を聞くために店長が登場すると、マツコは「店長のキャラが一番強い」とクセのある見た目に食いつく。

合格率を聞くと、1カ月に15人受けて1人合格するかというかなり狭き門。オーディションに受かるポイントを店長が「お客さまを喜ばせてくれる人」「似ていなくても面白ければいい」と話すと、マツコは「(お客さんは)ものまねを観に来てると同時にお酒を飲みながらステージを楽しむわけだからね。その(楽しませる)スキルって、ものまねとはまた違うのよね」と納得する。

エントリーした参加者に話を聞いていくと、さまざまな経歴の人たちが。実家のスナックでスカウトされ、ものまねを始めたという元銀行員の女性は、歌手・JUJUのものまねで勝負。歌を一節披露してもらうと、マツコは「ずっと斜めで映してるのが一番かもしれないわね」とアドバイスする。

さらに、ものまねの魅力に取りつかれ、自らも舞台に立ちたくなったという元キサラ店員の女性が登場。周囲から見た目が似ていると言われ、卓球の福原愛さんのものまねでデビューを目指しているというが、マツコは「ものまねはちょっと意地悪な視点がないとダメじゃない。(彼女は)すごく良い子だからそれがないのよ。だからこそ新しいスタイルのものまねができるかも」と真剣にアドバイスする。

そして、異色の才能を放つ、光り輝く電飾おじさんも登場し、予測不能な展開にマツコも困惑。終始大爆笑だったマツコは「楽しかったです」と満足気な表情を見せる。

マイナビニュース

「マツコ」をもっと詳しく

「マツコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ