松本人志と太田光の“見解の差”が起こした波紋!議論を呼んだ“反響の行方”は?

6月9日(日)10時15分 アサジョ

 5月28日に発生した川崎殺傷事件について、6月2日の午前、同時刻に放送された2つのワイドショーで、2人の芸人が語った見解の違いが反響を呼んでいる。

 一方は「ワイドナショー」(フジテレビ系)の松本人志、もう一方は「サンデー・ジャポン」(TBS系)の太田光の発言である。

「この事件に関しては芸能人や有識者からさまざまな意見が出されています。『死にたいなら一人で死ぬべき』という意見を軸に、どのように受け取るかという議論に発展しました」(テレビ誌ライター)

 松本は「僕は、人間が生まれてくるなかで、どうしても不良品って何万個に1個、絶対に生まれる。これはしょうがないと思うんですよね。それを何十万個、何百万個に1つぐらいに減らすことはできるのかなって。みんなの努力で。正直、こういう人たちはいますから、絶対数。もうその人たち同士でやりあってほしいですけどね」と見解を述べた。

 ネットでは「松本さんの言う通り! こういう奴らは一つの場所に閉じこめて殺し合いさせたらいい」「言い方は過激だけど、考え方は否定できない。無関係の、それも子供を巻き込んで死ぬのは擁護の必要なし」「不良品って言い方はちょっと受け入れられない。人間は生まれ育った環境その他の要因で変わっていくのだと思う」「気持ちはわかるが、不良品って言い方は『ひとりで死ぬべき』よりさらに乱暴だ」と賛否を呼んでいる。

 一方の太田は「この犯人の場合は自分も死ぬわけじゃないですか。自分の命もたいして重く見てないというか。『俺って生きていてもしょうがないな』と。だけど最後に一つそういう大きなことをする。そういう思いにかられることは誰しもあって」と前置きし、自分が高校生の頃、何に対しても感動できなくなり、自分も他人も大切に思えなくなったことがあったと自身の体験を語り、「ピカソの絵を見たときに急に感動が戻った、『こんな自由でいいんだ』と。そういうことに心を動かされた自分って捨てたもんじゃないと思う。生きている生物や人間たちの命も、やっぱり捨てたもんじゃないのだと」と続け、「つまり、『自分って死んでもいい』と思っている人は、もうちょっと先にそれを見つける。『すぐ近くにいるよ』ってことを知ってほしい、というか、そのきっかけさえあれば、と思うんだよね」とまとめた。

 これにはネット上で「すごくよくわかります。私にも同じような経験がある」「自分も『ひとりで死ねばいい』と思ってたけど、それだけで解決する問題じゃないんだよな」「自分や自分の周りにも起こり得る問題なんだよね」など、共感する声が広がっている。

「松本の意見には、有名人や著名人からも嫌悪感を示す反応が見られる一方、加害者の“孤独感”に寄り添った太田の意見には、概ね賛辞が送られています。両者、これだけ大きな反響を呼んでいるだけに、次週の放送でどのように扱われるのか、注目したいところですね」(前出・テレビ誌ライター)

 放送時間の重なりもあって比較された両発言。大きな議論を投げかけたことは間違いない。

(石見剣)

アサジョ

「松本人志」をもっと詳しく

「松本人志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ