小林麻央は乳がん 海老蔵が公表、病状は「深刻」

6月9日(木)15時2分 BIGLOBEニュース編集部

小林麻央は乳がん 海老蔵が公表、病状は「深刻」/画像はTHE PAGEライブ ストリームより

写真を拡大

妻の小林麻央が進行性のがんを患い、極秘入院しているとの報道を受け、市川海老蔵が9日に会見を開いた。会見で海老蔵は、麻央夫人の病名が乳がんであることを公表した。


麻央夫人の病気は1年8ヶ月前に人間ドックなどで発覚。手術はしておらず、抗がん剤治療を続けているという。かなりスピードの速いタイプの乳がんで、病状は「比較的深刻」だと明かした。


麻央夫人の気持ちについては、「誰よりも本人がつらいと思う。元気になりたいという気持ちと、子どものそばにいられない母親の気持ち、計り知れないつらさ、苦しさと闘っていると思う」と推し量った。


麻央夫人の病気は、スポーツ報知が9日に「小林麻央、進行性がんで極秘入院 半年以上姿見せず…海老蔵懸命サポート」と報じた。かん口令が敷かれており、部位や進行具合などの詳細は不明としていた。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

小林麻央をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ