山里&蒼井「子どもの顔が心配」と言い放ったコメンテーターに批判殺到!

6月9日(日)11時2分 まいじつ


(C)まいじつ 



6月5日に発表されるや世間を衝撃に包み込んだ、お笑いコンビ『南海キャンディーズ山里亮太と女優・蒼井優の結婚。各局のワイドショーもこの一報をこぞって伝える中、翌6日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)でのコメンテーターの発言が、一部で批判を招いている。


【関連】大金星!『南キャン山里』という〝超上玉〟を射止めた魔性の女・蒼井優 ほか


この日の同番組は結婚をトップニュースで扱い、冒頭から会見の様子をメインにした約40分もの長時間VTRを放送。その後は伊藤利尋アナウンサーとフジテレビ芸能デスクによるスタジオでの解説に移り、各コメンテーターやレギュラー陣が自らの意見を述べていった。


この日のコメンテーターだった産婦人科医の宋美玄氏は、感想を求められると「最初聞いたときはドッキリだと思ったんですけど、会見を見ると本当に2人は引かれ合ってるんだなぁって。すごく微笑ましいです」と笑顔でコメント。その後、会見内で山里が『よしもとブサイクランキング』殿堂入りの容姿をイジられたことなどが解説されると、再び伊藤アナからコメントを求められた。



自虐的な発言も批判の声が


すると、宋氏は「本当に微笑ましいんですけど…」と前置きしながら、「女性目線でいくと、結婚って子ども産んだりするじゃないですか。で、さっき(会見で)散々、山里さんの顔のことが話題になってましたけど、私はちょっと何か、子どもの顔が心配な人は無理だなって…」とコメント。ここでスタジオの笑いが起こると、続けて「美人の女優さんは、そういうところにはコンプレックスはないんだなっていう、斜めからの感想なんですけど」と話していった。


前後の文脈から察するに、おそらく宋氏が言いたかったのは、「自分は顔にコンプレックスがあるので、結婚相手が容姿端麗な男性でないと産まれてくる子どもの心配をしてしまう」「美人はそうした心配をする必要がないのでうらやましい」という、自虐や羨望に近い発言。しかし、ネット上には、



《産まれてくる子どもの顔が心配というような発言はとても残念》

《ルッキズム丸出しのヘイトコメント》

《やっぱ特定アジア人は頭おかしいわ》

《こんなに失礼極まりない人がいるのか》

《山ちゃんの顔のこととか子どもの顔が心配とか余計なお世話だよ》

《産婦人科医が言っていいことではない》



など、批判的な感想が多く上がってしまった。そしてこの炎上を宋氏が目にしたのか、すぐにツイッターで謝罪と弁明コメントを発表。しかし、宋氏のツイッタープロフィール欄に「外見ことに触れられると嫌がります」と記載があることから



《自分は外見に触れられるのイヤだ、って書いてて、それはないですよね。。。ネタとはいえ、、》

《自分が触れられたくないことを他人にはする。御待師のことを尊敬してるだけにガッカリです》



など、炎上が止まらない状態だ。


人によっては、蒼井は〝ブス女優〟であり、山里は〝イケメン芸人〟なのかもしれないのだから、産まれてくる子供の容姿について意見するなど、テレビに出る人間が発する類いのものではなかったのだろう。



まいじつ

「コメンテーター」をもっと詳しく

「コメンテーター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ