『NGT48』メンバーがまた炎上! 新潟の飲食店へのクレームに批判続出

6月9日(日)7時31分 まいじつ


(C)まいじつ



年初以来、何かと世間を騒がせ続け、すっかり〝疑惑の総合商社〟と化してしまった『NGT48』。先日は新潟市から正式に契約を打ち切られたことも話題となったが、時ほぼ同じくして小規模な〝炎上〟騒動も発生した。


【関連】山口真帆への“イジメ疑惑動画”が拡散…「胸が痛い」とファン悲痛 ほか


渦中の人物となったのは、『AKB48』の選抜メンバーにもなったことがある本間日陽。本間は加藤浩次がメイン司会を務めるラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜』(MBSラジオ)にレギュラー出演しており、6月1日深夜放送の回では、原宿や新大久保で流行している『チーズハットグ』について語る場面があった。


本間はチーズハットグ店が新潟にも出店されたと明かし、「すごい話題になって、行列ができるぐらいにぎわってる」「メンバーの間でも話題になってる」とコメント。さらに、自身もひと目見ようと並んで購入したことを明かしたが、「熱々の出来たてが出て、チーズも伸びるから喉の奥にひっついてむせて死にかけた」「大反響で忙しかったのか、最後の方、生焼けっぽかった」「だから、流行してるからって食べに行くのはどうなのかな」など、同店への批判を次から次へと口にしていった。



ご当地アイドルが地元disというタブー


これに対し、司会の加藤は「それはあなたの食べ方ミスでしょ?」と冷静なツッコミを入れ、レギュラーの『平成ノブシコブシ』徳井健太も「クレーマーだよ。ラーメン熱いって言って怒ってる人と同じでしょ?」と、これに同調。すると本間は、「新潟の方だと思うので、焼いた方は。新大久保の焼き方が分からないのかも…」と反論したのだが、またも加藤たちから「バカにしてんのか新潟!?」「あんたが一番応援せなあかんやろ」とカウンターを食らってしまった。


ネット上でも、番組と同様に、



《これは新潟を敵に回す発言やね》

《新潟の人が作るからまずいって言ってる》

《ただでさえイメージ悪くしてるのにさらに新潟のマイナスになる発言は控えろよな》

《新潟のアイドルグループのくせに新潟ディスるとか頭悪いな》

《県のバックアップで税金使って活動してるのに新潟県民は田舎者って言いたいの?》



などといった本間への批判が続出。「NGT」メンバーの軽薄さ、思慮浅さが、あらためて浮き彫りとなった出来事だった。


組織的に犯罪を隠蔽したことで、もはや何をやってもたたかれるグループになってしまったようだ。



まいじつ

「NGT48」をもっと詳しく

「NGT48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ