モハメド・アリ 死の2週間前の姿を愛娘が公開

6月9日(木)18時30分 Techinsight

亡くなる約2週間前のモハメド・アリ(出典:https://twitter.com/hanayali)

写真を拡大


長い間パーキンソン病を患い、3日に敗血症性ショックのため亡くなった元プロボクサーのモハメド・アリ(享年74)。彼が死去する約2週間前に撮ったという写真を、愛娘が公開した。

このほどモハメド・アリの愛娘ハナ・アリさんが、こちらの写真をTwitterに公開。これは父娘がFaceTimeで会話した際のもので、この写真にハナさんは以下の言葉を添えている。

「美しい父との最後の写真です。2016年5月22日、私が父に愛していると伝えている様子です。」

年を取り痩せた様子のアリだが、優しいまなざしは昔のまま。アリは子供達に囲まれて3日にこの世を去ったが、臓器が機能しなくなった後も心臓は30分間も鼓動を続け、最期を見守った人々を驚かせたという。

その後、ニューヨーク市はアリの生前の活躍を称え、ある通りの名を「Muhammad Ali Way」と命名。それをTwitterで報告したハナさんは、「父もきっと恐縮すると同時に驚くことでしょう。父に栄誉を授けてくださり、どうもありがとうございます」と綴っている。

出典:https://twitter.com/hanayali
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「モハメド・アリ」のニュース

BIGLOBE
トップへ