他人に書かせた?宮迫博之、謝罪文に映り込んだ“不自然な部分”に疑問噴出!

6月10日(月)13時55分 アサ芸Biz

宮迫博之

写真を拡大

 6月7日、雨上がり決死隊宮迫博之がツイッターで、反社会的勢力の忘年会に出席していたことに関して謝罪文を掲載した。宮迫によると、集まりには参加したもののギャラは貰っていないという。

「謝罪文にて宮迫は『5年前のことで記憶が定かでない部分が多く、結婚式の2次会パーティーだった気がするんですが、入江君に顔だしてくれませんか、と誘われて、一曲歌わせていただいた』と説明。またギャラは貰っておらず、パーティー後に参加タレント達と行った店の支払いに関しては、入江がしたと記憶している旨を綴りました」(芸能記者)

 そして最後には「知らなかったとは言え、後に逮捕されるような輩が集うパーティーに最年長の身でありながら気づく事もできず、出てしまった自分の認識の甘さ、脇の甘さを痛感し反省しております」と謝罪している宮迫だが、一部では今回の謝罪文が「不自然すぎる」と物議を醸しているという。

「今回、宮迫のアップした謝罪文が縦長であることや、端に水色の背景が映りこんでいることから、トークアプリをスクリーンショットしたものではないかという疑惑が浮上しています。さらに文章の最初と最後に、なぜか“「」(かぎかっこ)”が使われているため、ネットでは『他人が「これ使ってください」と書いた謝罪文をそのまま載せているのでは?』『トリミングを失敗しているのなら詰めが甘すぎる』『この謝罪文でさらに黒い疑惑が深まってしまった』と疑問の声があがっています」(前出・芸能記者)

 はたして、カラテカ・入江慎也の解雇だけで、このまま事態は収束していくのだろうか。

アサ芸Biz

「謝罪」をもっと詳しく

「謝罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ