「一番の友が近くにいたじゃん」カラテカ・矢部太郎が差し伸べた“救いの手”

6月10日(月)18時15分 アサジョ

 お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎が6月8日、自身のツイッターを更新し、相方・入江慎也が起こした“闇営業騒動”を謝罪した。

 矢部は8日の夜に「相方であり友である入江慎也が多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけし本当に申し訳ありません。入江には心から反省し、これまでの自身のあり方を見つめ直し、失ったものの大きさを考え続けてほしいと伝えました。今後も僕はカラテカの矢部太郎として活動させて頂きます」とツイートした。

 このツイートに「矢部さんが謝ることは何もしていないのに。とんだとばっちり受けてかわいそう」「矢部は入江を友だと思ってるんだね、グッとくる」「これからも応援してます、頑張ってください」といった、矢部を応援する返信が数多く寄せられている。

 また、ネット上でも「相方がクソのせいでかわいそう」「矢部さんの誠実さが伝わってくる」「入江さん、一番の友達が近くにいたじゃん。友達は数が大事なんじゃない」「カラテカは二人のイメージとか好感度が違いすぎる。何でコンビ組んだんだろう」「大家のお婆ちゃんを大切にした矢部、全国のおじいちゃんおばあちゃんを食い物にした詐欺集団を大切にした入江」といったコメントが上がっている。

「人脈の広さを売りに、イベント業なども手がけていた入江ですが、反社会的勢力と関係していたことが明るみになったわけですから、今後、自慢の人脈も櫛の歯が欠けたように人が去っていってしまう可能性は否めないでしょう」(芸能ライター)

 矢部による“カラテカを捨てない”という声明には、救われた思いかもしれない。いままさに入江は、かけがえのない唯一無二の友達が矢部だったことを噛み締めていることだろう。

(石見剣)

アサジョ

「矢部太郎」をもっと詳しく

「矢部太郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ