フロム・ソフトウェアの新作『Elden Ring』がPS4/Xbox One/PC向けに発表。『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者ジョージ・R・R・マーティン氏が制作に加わる

6月10日(月)7時12分 電ファミニコゲーマー

 日本時間6月10日に行われたMicrosoft Xbox E3 ブリーフィングにて、フロム・ソフトウェアの新作ゲーム『Elden Ring』発表された。『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者であるジョージ・R・R・マーティン氏が制作に協力し、バンダイナムコエンターテインメントがパブリッシングを担当する。対応プラットフォームはPlayStation4、Xbox One、PC。

 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』で和風の世界を作り上げたフロムソフトウェアだが、今回は『Dark Souls』のようなファンタジーへと回帰するようだ。

(画像はMixer | E3 2019 Xbox Briefingより)

 『Elden Ring』はXbox E3ブリーフィングでは詳細は明かされず、ティーザートレイラーが公開されるのみだった。トレイラーでは複数の欠損した腕のイメージや燃える空といった場面が示されている。

 今年に入りジョージ・R・R・マーティン氏が日本のゲームデベロッパーと組んでゲームを制作している噂は出ており、氏も自身のブログでゲーム制作に携わっていることを認めていた。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「Xbox」をもっと詳しく

「Xbox」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ