『DRAGON BALL Z Kakarot』正式発表。『ドラゴンボールZ』の悟空を主役にしたアクションRPG、発売は2020年初頭

6月10日(月)9時10分 電ファミニコゲーマー

 日本時間6月10日に行われたMicrosoft Xbox E3 ブリーフィングにて『DRAGON BALL Z Kakarot』が発表された。発売時期は2020年初頭。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、PC。

 本作は2019年1月に『ドラゴンボールZ』の世界を舞台にしたアクションRPG『ドラゴンボールゲーム プロジェクトZ』として発表された。開発はサイバーコネクトツーが担当し、Unreal Engineを使用して制作されている。

 トレイラーでは地球に襲来したベジータとナッパ、そしてナメック星でのフリーザとの戦いが収録されている。地上戦や空中戦といったドラゴンボールでおなじみの戦闘だけでなく、大猿化したベジータや悟空を裏切り後ろから攻撃するフリーザなど、アニメでも見たことのあるシーンも3D化されている。

(画像はYoutube | 「DRAGON BALL Z: KAKAROT – E3 Gameplay Reveal Trailer」より)
(画像はYoutube | 「DRAGON BALL Z: KAKAROT – E3 Gameplay Reveal Trailer」より)

 4月に公開されたティザーPVでは、界王様の修行を受けたりカメハウスやカプセルコーポレーションを歩く悟空の姿も収録されており、ただ戦うだけでなく実際に『ドラゴンボールZ』の世界を堪能できそうな要素が確認できる。アクションRPGということで、探索要素やサブクエスト、そして成長要素も期待できる。どのような作品になるか楽しみだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「ドラゴンボール」をもっと詳しく

「ドラゴンボール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ