清水富美加、剛力彩芽、川栄李奈... 「家政夫のミタゾノ」歴代相棒に共通点?

6月10日(月)16時56分 J-CASTニュース

川栄李奈さん(2018年撮影)

写真を拡大

TOKIO松岡昌宏さん(42)が主演する「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の最終回(第8回)が、2019年6月7日に放送された。最終回の放送を受け、ネット上では第4弾となる続編を期待する声が続々だが、それに交じって、同作に出演した女優の川栄李奈さん(24)の名前を挙げつつ、第4弾への懸念を表明する視聴者が散見される事態となっている。

上がっている声で代表的なものは、「ミタゾノの相棒になる女優さんってその後でられなくなるのがパターン化してる」など、主演の松岡さんの脇を固める役者が、その後、自らの人生を大きく変える出来事に遭遇し、その後、同作に出演していないことを指摘するもの。名前が挙がっているのが、第1シリーズに出演していた清水富美加さん(24)、第2シリーズに出演していた剛力彩芽さん(26)、そして、第3シリーズとなる今回に出演していた川栄さんの3人だ。




ミタゾノ出演女優は、人生の転機を迎える!?



そこで、まず清水さんについて振り返ってみると、第1シリーズ(16年10月期)に出演していたが、翌17年2月に芸能界の引退を宣言し、「幸福の科学」に出家することを発表。「千眼美子」として第2の人生を歩み始めたことは記憶に新しい。また、第2シリーズ(18年4月期)に出演していた剛力さんは、ドラマ開始直後に「ZOZOTOWN」の運営会社として知られるスタートトゥデイ(現在はZOZO)の前澤友作社長(43)との交際を報じられ、その後大きな話題となっていることは周知の事実である。



そして、第3シリーズに出演した川栄さんは、19年5月に結婚を発表し、出産予定であることも明らかに。今後しばらくは産休入りが確実視されており、しばらくの間は女優業を休止することになる。このため、ネット上には前述の声以外にも、



「いろんな意味で話題性抜群。ドラマの内容が内容だけにミタゾノさんの呪いかと思ってしまう(笑)」

「もうはっきり言って全てに関してミタゾノさん凄すぎてある意味怖いわ。清水富美加、剛力彩芽、川栄李奈といい都市伝説を超えてる」


と、同ドラマのヒロインは出演後、もしくは出演中に人生の転機を迎える運命にあるのでは? と指摘する声がいくつも上がる事態となっている。




川栄さんについて「的中」させた東スポ



このうち、川栄さんについては2月に、「東京スポーツ」が「『ミタゾノ』ヒロイン川栄李奈 気になる"都市伝説"」との見出しで、川栄さんについて、「都市伝説ともいわれるような妙な出来事が続いている」と紹介。清水さんと剛力さんの身の上に大きな変化が起きたことを挙げ、妙な流れを断ち切ってほしいとするテレビ業界関係者の話を紹介していた。



もちろん、これらは単なる偶然だろうが、それでも3度も続いてしまうとなると、第4シリーズが制作されるとなった場合に、配役を決める際に制作側が変にしり込みをしてしまい、ヒロインの枠がなくなる......などということも、もしかしたら起こるかもしれない。人気のドラマシリーズの偶然の重なりは、制作スタッフのメンタルに影響を及ぼす!?



(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

J-CASTニュース

「川栄李奈」をもっと詳しく

「川栄李奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ