宮野真守 ルパン最新作に出演「いい“フー”を出す努力を…」

6月10日(月)6時0分 女性自身

「これまでずっと『ルパン三世』シリーズに参加したいと思っていました。オファーをいただいたときは、とてもうれしかったです」



そう喜びを語るのは、人気声優の宮野真守(35)。ハードで危険な大人のルパンを描く映画シリーズの最新作『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』(新宿バルト9ほか限定劇場公開中)では、不二子を追う殺し屋・ビンカムを演じる。



「監督から冗談交じりに、シリーズに登場する悪役の中では、イケメンな役だと言われました(笑)。謎の多いビンカムですが、自分の幸せを本能的に追い求める姿には、悲しみや切なさを感じます。脚本を熟読して、彼の奥底にある感情まで表現したいと思いました」



ビンカムは、呪いの力によって人の心を操る特殊能力の持ち主。謎めいたキャラクターだけに、ほかの作品とは違う声の出し方を求められたことがあったそう。



「ビンカムは人の心を操るとき、“フー”と長く息を吐いて砂嵐を巻き起こすんです。声を収録する現場で、監督から“今のフーいいね、最高のフーが出たね”と褒められて(笑)。“また、いいフーを出さなきゃ”と思い、緊張しながら“フー”という声を出し続けたことが印象に残っています」



アニメ作品のイケメンキャラクターからハリウッド映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズの主人公まで、幅広い役柄を巧みに演じ分けることで知られる宮野。その役作りの極意とは?



「大切にしているのは、キャラクターの心の奥底にどのような感情があるのかということ。その部分に触れたら、あとは自分の中から自然に感情があふれ出てきます。加えて、役にシンクロするときは、第三者の目線を忘れないようにしています。ビンカムの純粋な部分が垣間見えるシーンは、“かわいいな”と思いながら演じていました」



本シリーズは、『女性自身』の読者のような大人の女性にこそ見てほしいと語る。



「このシリーズは、画のタッチや音楽、演出などがハードボイルドムービーそのもの。大人の女性の方は、重厚な世界感を気に入っていただけると思います。さらに、本作はこれまで描かれなかった不二子の内面に触れています。不二子が、隠された5億ドルのカギを握る少年に向ける感情は愛なのか、それとも愛に見せかけた嘘なのか。僕は僕なりに不二子の思いを感じ取りました。本作を見て繊細な愛のやり取りを感じていただけたらうれしいです」

女性自身

「宮野真守」をもっと詳しく

「宮野真守」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ