サッカーW杯代表選手を支える平愛梨ら妻たちの献身

6月10日(日)7時0分 NEWSポストセブン

夫・長友佑都はW杯で輝けるか

写真を拡大

 今年最大のスポーツイベントはロシアで開幕するサッカーワールドカップだ。ハリルホジッチ前監督の解任で混迷を極める日本代表は、西野朗・監督の初陣となるガーナとの親善試合(5月30日)でも0対2で完敗。


 どん底のチームを復活に導くような“良妻”はいるのだろうか。ディフェンスの要の槙野智章(31・浦和レッズ)は今年2月に女優の高梨臨(29)と入籍したばかり。


 他にも、ブンデスリーガのデュッセルドルフで活躍するMF・宇佐美貴史(26)の妻で、女優やタレントとして活動していた宇佐美蘭(26)や、同じくデュッセルドルフ所属のFW・原口元気(27)の妻で元スポーツ番組キャスターの香屋ルリコ(31)など、代表選手の妻は芸能人が多いが、やっぱり注目はあの元人気アイドルだ。


「不動の左サイドバック、長友佑都(31)の妻・平愛梨(33)の存在感は目立っていますね。長友がトルコ・ガラタサライへの移籍を決断したのは、平の第一子出産のわずか数日前だったらしい。イタリアで出産するのは不安だったはずなのに、平は“気にせず行ってきて!”と気丈に送り出した」(サッカー誌記者)


 ガラタサライでは優勝を経験。代表でも、西野朗監督になってからレギュラー入りが確実視されているのもその良妻ぶりゆえか。


 日本不動のキャプテン、長谷部誠(34)と2016年に入籍、昨年7月に第一子を出産したのが元モデルで日テレの週末夜のスポーツ番組『Going!』でお馴染みだった佐藤ありさ(29)だ。


「モデルの仕事は完全に休止。現在は育児と家事に専念している。慢性的なケガを抱える長谷部の“心と体を整える”ために、いつも丁寧にマッサージなどをしてあげているようです」(別のサッカー誌記者)


 長谷部の所属するフランクフルトは今季30年ぶりにドイツカップで優勝。佐藤が“持っている”からかもしれない。


※週刊ポスト2018年6月15日号

NEWSポストセブン

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ