王座戦 羽生善治九段が糸谷哲郎八段下し、4強進出 藤井聡太王座への挑戦権を争う準決勝2カード決まる

2024年6月10日(月)21時13分 スポーツニッポン

 将棋の第72期王座戦挑戦者決定トーナメントは10日、東京都渋谷区の将棋会館で準々決勝残りの1局を行い、先手の羽生善治九段(53)が糸谷哲郎八段(35)を121手で下して4強に進出した。

 藤井聡太王座(21)=王将含む全8冠=への挑戦権を争う準決勝の2カードは羽生—広瀬章人九段(37)戦、永瀬拓矢九段(31)—鈴木大介九段(49)戦に決まった。

 羽生は王座戦に相性が良く、タイトル獲得通算99期中、最多の24期を保持。第40期(1992年)から第58期(2010年)にかけて破竹の19連覇も達成している。昨期も準決勝まで進出したが、藤井に敗れて挑戦者決定戦進出を逃した。

スポーツニッポン

「王座戦」をもっと詳しく

「王座戦」のニュース

「王座戦」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ