学生時代、損するのは“ブス”or“ブサイク”?「女は容姿で友達を選ぶ」「男はイケてる集団に入ればOK」などの意見

6月11日(火)16時0分 AbemaTIMES

 おぎやはぎ小木博明矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#115(毎週月曜よる9時〜)が6月10日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。“ブス(女性)”と“ブサイク(男性)”はどちらが損なのか、番組お馴染みの“ブス”メンバーと、“ブサイク芸人トップ3”が、それぞれの立場から感じていることを徹底討論した。

 学生時代だけに絞ったところ、“ブス側”からは、「ブサイクは面白いことを言えれば人気者になれる。ブスの方が損」「ブスはいじられるけど、ブサイクはあからさまには言われない」「女は陰湿。男はイジりがポップ」「ブサイクはスポーツや頭の良さでカバーできる」「ブサイクはイジられるが、ブスはいじめられる」といった意見が登場。フォーリンラブ・バービーは「ブサイクでも、イケてる集団に入ればOK」と自論を披露し、たんぽぽ・川村エミコも「ブサイクは一芸があれば良い」「ブスはすぐ疑われる。メダカが死んだ時もニワトリが逃げた時も私が疑われた」と熱弁をふるった。“ブス側”から見ても、学生時代はブスが損という意見が多数を占めた。

 “ブサイク側”のさらば青春の光・森田哲矢も、“ブス”の方が損という考え。「男は友達を作る時に、ブサイクかどうかで選ばない。女は容姿で見る」「可愛い子は可愛い子の中から友達を作る」と男女の友達の作り方で差を実感していた様子。また、ロビンソンズ・北澤仁も、「学生時代は『ブサイク』という言葉が無い。『ブス』はある」「自分がブサイクって、芸人になってから作家さんに言われた。中学時代の同級生の相方も、『えっ、こいつブサイクなんですか?』っていう反応。男同士だと概念が無い」と、容姿をそこまで意識せずにすんでいたことを明かした。

 一方、学生時代に“ブス”より“ブサイク”が不利と考えるのは少数派。“ブス側”から出たのは、「ブスは陰湿なだけだけど、ブサイクはサンドバッグ系のいじめに遭う」「ブスでも『JK』は一種のブランド」というもの。“ブサイク”側のさらば青春の光・森田哲矢が語った「女子は周りの目を気にするから、ブサイクとは付き合わない」「ブスって、たまに男の一軍と付き合う。『めっちゃイケメンなのになんでそれと付き合う?』っていうことが、学校生活の中にはある」という意見には、「なるほど」という声が上がった。

 このテーマについて、小木は「ブスの方が損です」と総括し、理由について「俺は最初からそう思っていた。どんな意見が出ても関係ない」とキッパリ。どんな討論がされても、小木の“ブス”冷遇は止まないようで、スタジオの面々からブーイングを受けていた。
 

■番組詳細
ブス女VSブサイク男 損してるのはどっち? おぎやはぎの「ブス」テレビ#115
番組URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/98kBcFF6YyLfRZ


(c)AbemaTV
 

AbemaTIMES

「ブサイク」をもっと詳しく

「ブサイク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ