やはり天然だったか!?田口淳之介、保釈時の土下座謝罪が集めた“冷笑”

6月11日(火)18時15分 アサジョ

 これが田口淳之介被告なりの最大限の謝罪なのか…しかし、世間にその“温度感”は伝わらなかったようだが…。

 KAT-TUNの元メンバーで法律違反の薬物所持の罪で起訴されていた田口被告が6月7日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 田口被告は保釈時に「本当に申し訳ありませんでした!」と大声で謝罪。すると、突如ひざを折り、両手をついて額を地面につける派手なアクションの土下座を披露。約20秒間、土下座を貫く前代未聞の保釈シーンとなった。

 田口渾身の土下座となったわけだが、脳科学者の茂木健一郎氏もツイッターで「御本人が反省されているのはわかるけれども、あれはやりすぎではないかと思う」と否定的だったりと、ワイドショーでも著名人たちからは疑問の声が投げかけられている。

 当然、世間の反応も否定的なものが多く、「これは何かのパフォーマンスかな」「逆にふざけてるように見える」「普通の人ならあんなことしない。やっぱ、田口は空気読めないよな」「さすが入口出口の田口だな」など、小馬鹿にされているのが現状だ。

「KAT-TUN時代には『入口出口田口です』の挨拶で親しまれていた田口は空気が読めないメンバーとして認知されていました。今回の土下座でそれはキャラを演じていたわけでもなく、紛れもない天然であることが証明された気がしますね」(エンタメ誌ライター)

 保釈時には「金輪際、大麻などの違法薬物、そして、犯罪に手を染めないをここに誓います」と宣言していただけに、せめてその土下座の重みが軽くならないようにそこだけは死に物狂いで厳守してほしいところだ。

(権田力也)

アサジョ

「保釈」をもっと詳しく

「保釈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ