MEGUMI、山ちゃん&蒼井優結婚を祝福「でかしたぞ!」

6月11日(火)17時39分 シネマカフェ

「Branded Shorts 2019」『上田家の食卓』プレミア発表会

写真を拡大

企業や団体のブランディングを目的としたショートフィルムの祭典「Branded Shorts 2019」が6月11日(火)に開幕。MEGUMI鈴木福、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF&ASIA)代表の別所哲也らが来場した。

“ブランデッドムービー”ネスレ日本の『上田家の食卓』を上映
SSFF&ASIAでは、ブランディングを目的とした、ブランデッドムービーを表彰する「BRANDED SHORTS」部門を2016年より展開しており、この日は、ネスレ日本「ネスレ ウェルネス アンバサダー」をテーマにした全5話からなる『上田家の食卓』が上映された。


ネスレ日本は長年、オンライン上のネスレシアターでショートフィルムを展開してきたが、同社の高岡浩三代表取締役社長兼CEOは、ここ数年、インバウンド効果で日本版のキットカットが世界的に大きな売り上げを記録している点に触れ、ネスレシアターのショートフィルムによるブランディングが大きく影響していると強調。「既存のメディアと違って、国境がない。利益に絶大に貢献している」と語る。


別所さんは、ブランデッドムービーについて「シネマと広告のハイブリッドコンテンツとして注目を集めている分野です。物語を作る人にとって、新たなチャレンジでもあり、CMの15秒、30秒では描けない物語性があり、商品やサービスではなく、そこにある哲学、本質的な物語に光を当てるもの」とその可能性を語る。

別所哲也、鈴木福の成長にしみじみ「親戚のお兄さんの気分」
今回の『上田家の食卓』には、多くの子役を輩出しているテアトル東京アカデミーに所属する木村皐誠が出演しているが、その縁もあってSSFF&ASIAでは今後、テアトル東京アカデミーと新たな取り組みを行なっていくことが発表された。


別所さんは「世界中に有名、無名を問わず、名演技をする子役がたくさんいる。その新たな地平を開拓したい。ハリウッドなどから、ショートフィルムを通じてご指名いただけるようにもなるのではないかと思っています」と世界を見すえる。

この日は、ゲストとしてテアトル東京アカデミー出身の鈴木福も来場。今後の新たな取り組みについて「実践の場で、俳優さんや女優さんと共演させていただいたり、監督やスタッフに見ていただいて学ぶことも多いので、夢を叶える場所が増えるのはいいことだと思います」と語る。凛々しく挨拶する様子に別所さんは思わず「大きくなったねぇ…。親戚のお兄さんの気分です」としみじみ。


来週で15歳になるという福くんだが「みなさんに『大きくなったね』と言われるのが普通になってきました(笑)。不思議な気分です」と笑顔を見せ、今後、自身がショートフィルムで演じてみたい役柄として「小さい頃から仮面ライダーが好きなのでヒーロー役を演じてみたいし、この仕事の魅力はいろんな職業を演じられること。音楽家や職人などいろいろやってみたい!」と目を輝かせていた。

MEGUMI、山里亮太蒼井優の結婚を祝福
『上田家の食卓』で植物学者であり、家庭では母でも妻でもある主人公を演じているMEGUMIさん。第1話の冒頭でいきなり、植物で全身を覆われつつ、幸せそうにその植物をムシャムシャと食べる姿を披露しているが、このシーンについて「台本を見てもよく意味がわかんなかった(笑)。(こんなシーンは)後にも先にもないと思う」と楽しそうに述懐。


劇中、食卓を囲みながら家族が「こんなことがあった」と会話に花を咲かせるが、MEGUMIさんは自身の家庭でもそうやってワイワイと話をするそう。最近、交わした「こんなことがあった」は? との問いに「『山ちゃん、結婚したのよ』ですかね(笑)」と山里亮太&蒼井優の結婚ニュースを挙げ、ニュースを知った瞬間「『でかしたぞ!』と思いました」と独特の表現で祝福していた。

「Branded Shorts 2019」は6月14日(金)まで開催中。

シネマカフェ

「MEGUMI」をもっと詳しく

「MEGUMI」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ