ねこね、こねこね。、1stミニアルバム『たのしい、わくわく、する音楽。』にセカオワのNakajinがコメント

6月11日(木)15時0分 OKMusic

ねこね、こねこね。 (OKMusic)

写真を拡大

ロックでキュートなセンチメンタルポップバンド、ねこね、こねこねが6月17日にリリースする1stミニアルバム『たのしい、わくわく、する音楽。』から、リード曲「四半世紀カルテット」のMVと新アーティスト写真が公開された。

ねこね、こねこね。は、優しく遊び心のある日本語詞とゆるふわキャッチーな美メロ、コーラスが哀愁を呼ぶ、ロックでキュートなセンチメンタル猫ポップバンド。このほど公開された「四半世紀カルテット」のMVは、バンド名になぞらえ巨大な「猫転送装置(ネット上で話題!)」の中での演奏シーンと、白と赤のスタイリッシュでかわいいアニメーションが見所だ。

また、今作『たのしい、わくわく、する音楽。』の帯には、SEKAI NO OWARINakajinがコメントを寄せており、そのコメントも合わせて公開されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

【Nakajin(SEKAI NO OWARI)帯コメント】

一聴してリラックスしたサウンドの中に潜むギター、ベース、ドラムの熱い個性のぶつかり合いと、垣間見えるアレンジの変態性。確かに「わくわく」する! Nakajin(SEKAI NO OWARI)

「四半世紀カルテット」MV
http://youtu.be/AcconhcIfWQ

ミニアルバム『たのしい、わくわく、する音楽。』

2015年6月17日発売
NBDL-0028/¥1,500+税
<収録曲>
1.ねこは何でも知っている
2.すうじの唄
3.タイヤの恐竜
4.ほいほいほい
5.四半世紀カルテット
6.いろのものがたり(Acoustic Ver)

OKMusic

「Nakajin」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ