OH MY GIRL BANHANA、8月に日本デビュー サル耳で会見「AKB48とコラボしたい」

6月11日(月)17時54分 オリコン

8月に日本デビューする「OH MY GIRL BANHANA」(C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 7人組K-POPガールズグループ・OH MY GIRLのメンバー全員が参加する派生ユニット「OH MY GIRL BANHANA」(オーマイガールバナナ)が11日、都内のSME六番町ビルで記者会見を行い、8月29日にミニアルバム『バナナが食べれないサル』でアリオラジャパンから日本デビューすることを発表した。

 2015年4月に韓国でデビューしたOH MY GIRLは、ヒョジョン(23)、アリン(18)、ビニ(20)、ミミ(23)、ユア(22)、スンヒ(22)、ジホ(21)の7人からなり、平均年齢は21歳。TWICEのナヨンをはじめ、人気女性アーティストのファンが多いことで知られる。今年4月には派生ユニット「OH MY GIRL BANHANA」を結成し、ミニアルバムをリリースした。

 メンバーはキュートなサル耳にしっぽをつけた衣装で登場するなり、かごに入ったバナナをそれぞれ報道陣に配り「よろしくお願いします」とあいさつ。改めて7人が横一列に並ぶと「こんにちは、OH MY GIRLのバナナで〜す!」と元気いっぱいに声をそろえた。

 一人ひとり自己紹介すると、日本デビュー作のユニークなタイトルのリード曲「バナナが食べれないサル」をワンフレーズ披露。韓国ではヒョジョン、ビニ、アリンの3人曲だが、この日は特別にサビで4人も合流し、サルがお尻をかく“バナナサルダンス”を7人で披露した。「バナナが食べれないサルだけど、バナナ牛乳があれば幸せよ」と歌う歌詞には、欲しいモノが手に入らなくても、違うものでいくらでも幸せは感じられるというメッセージが込められているという。

 日本語を猛勉強中というメンバーは臆することなく日本語でテンポよく話し、リーダーのヒョジョンは「振り付けも本当にかわいくて、本当に楽しいです。みなさんも一緒に楽しみましょう!」と呼びかけ、ジホは「きのう日本デビュー曲のミュージックビデオも撮りました。今はそれしか言えなくてごめんなさーい。“ひみちゅ”です」とにっこり。さらに、日本でファンクラブが開設されたことも発表され、ラッパーのミミは「正式にデビューが決まってアルバムができて気持ちいいこともあるんですけど、責任感を持って頑張らなきゃダメだなと思いました」としっかり話した。

 日本でデビューが決まり、楽しみにしていることを聞かれ、ヒョジョンは「日本のガールズグループと一緒にコラボレーションしたいです」と即答。アイドルグループNGT48とレーベルメイトとなるが、なかでもコラボしたいのは「AKB48とか全部好きですね」と笑顔をみせた。

 本体のグループよりも派生ユニットでの日本デビューが先となったが、ミミは「OH MY GIRLでも日本デビューできると思っています。待っていてください」とファンにメッセージを送った。

 なお、日本デビュー前日の8月28日には東京・なかのZERO大ホールでショーケースライブを1日3公演行うことも決定した。

オリコン

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ