飯島直子、三四郎・相田やブリリアン・コージとバーで飲み明かす

6月11日(月)20時14分 Techinsight

「何でも頼みな!」姉御肌そのものだった飯島直子

写真を拡大

飯島直子(50)は酒豪で知られる小泉今日子(52)と仲が良く「小泉会」のメンバーでもある。お笑いコンビ三四郎の相田周二(35)がその飯島と寿司屋で遭遇したという。6月8日深夜に放送されたラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)のなかで、彼が顛末を話した。

つい先日、三四郎・相田が「ブルゾンちえみ with B」でおなじみお笑いコンビ・ブリリアンのコージ(30)と寿司屋で飲んでいた時のことだ。

夜11時頃、4人ほどの客が入って来て彼らと同じカウンターの横に座った。よく見ると飯島直子がスタッフらしき3人を連れており、相田は「飯島直子だ!」と内心驚いたが、向こうは気づいていない。

すると寿司屋の大将が「こちら若手芸人さんです」と紹介したので、飯島も「あ、with Bの?」とコージは知っていた。相田が「三四郎の相田と申します」と挨拶すると「ごめんね、よく分からなくて」と気さくな感じだ。

「最近、テレビの調子が悪くて毎週映るチャンネルが違うんだよね」と謎の言い訳をする飯島だが、日テレは映ることがあるという。相田が6月3日放送の『シューイチ』に出演した鈴木福とのカレーロケに触れると「見た! 福くんとカレー食べてた! いたいた、進行してたあなた!」と認識してくれた。

それがきっかけで話が盛り上がり、相田とコージが「そろそろ帰ろうか」と素振りを見せると「あと一杯飲みなよ!」とご馳走してくれたのだ。

さらに寿司屋が締まる時間が近づき「じゃあ失礼します」と言うと、「帰っちゃうの? あと一軒行こうよ!」というではないか。

彼女はスタッフと別れると、相田とコージをおしゃれなバーに連れて行き、カウンターに3人が並ぶ。

「何でも頼みな!」「値段とかいいから!」「いいからもっと飲みなよ!」という姉御肌な飯島は魅力的だった。相田は「めちゃ色気もあって、凄い方で、俺も緊張のあまりバカバカ飲んだ」と明かす。

結局、朝4時頃まで飲んでしこたまご馳走になった相田とコージが「そろそろ帰ります?」と切り出すと、「全然! 私はまだいるから、好きな時に帰っていいよ!」と涼しい顔で答えた。

相田が「まだいるの? 飯島姉さんまだいるんすか!?」と心の中で驚いていると、彼女は「また飲もう! さっきのお寿司屋さんに来たら、家が近所だから連絡して! すぐ来るからさ」とまで言ってくれた。2人は「姉さん! ありがとうございました!」と頭を下げながら店を後にしたのである。

ちなみに三四郎・相田はベロベロな状態で帰宅して眠ったところ、三四郎のレギュラー番組『Dearボス 〜トップの秘密のぞき見バラエティ〜』(広島テレビ)に向かう飛行機に乗り遅れて番組に遅刻したという。

昨年の7月20日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に米倉涼子が出演した際、交友関係を紹介するなかで飯島直子とともに「小泉会」に入っていることが分かった。

飯島は米倉について「気丈そうだが繊細な性格で、お酒が入ると反省をしてメソメソ泣き出す」との趣旨で評し、「先輩女優から“ピーピー泣くんじゃねーよ”とひっぱたかれていた」と明かした。先輩とは小泉今日子である。

三四郎・相田の話からも「飯島姉さん」の粋な飲みっぷりがうかがえるが、「小泉会」となればいったいどのような光景になるのか興味深い。

Techinsight

「三四郎」をもっと詳しく

「三四郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ