あの名作ドラマをリメイク! 大人も共感できるシンデレラストーリー『1%の奇跡〜運命を変える恋〜』

6月12日(火)18時0分 AbemaTIMES

(C) 2016. Godin Media Corp. All rights reserved.


 時空を超えたり、本人たちの知らない因縁があったりと、様々なアイディアが盛り込まれたラブストーリーが次々と作られている韓国ドラマ。そんな中にあって『1%の奇跡〜運命を変える恋〜』は、「誰かを好きになり、その人から愛されること」の素晴らしさをシンプルに描いているところが新鮮だ。


 AbemaTVの放送作品で過去最高の再生回数を記録し、好評により現在再放送されている本ドラマは、タイトルを見てお気づきの人もいるとおり、03年に制作された『1%の奇跡』のリメイク。オリジナル版では、デビュー間もないカン・ドンウォンが主人公に扮し、フレッシュな魅力を発揮していた。一方、30代半ばのハ・ソクジンが同じ役に起用されたリメイク版は少し落ち着いた雰囲気で、大人が見ても共感できるシンデレラ・ストーリーとなっている。

(C) 2016. Godin Media Corp. All rights reserved.


 ある日、授業中に倒れている男性を見つけた小学校の教師ダヒョン(チョン・ソミン)は、急いで彼を病院に運び、親身になって世話をする。彼女は気づいていなかったが、その男性は財閥として知られるソンヒョングループを率いる会長イ・ギュチョル(チュ・ジンモ)だった。ダヒョンの人柄に感動したギュチョルは、彼女と結婚した孫に自身の財産を相続させると宣言。彼の孫で、グループ内のホテルを経営していたジェイン(ハ・ソクジン)は、仕方なく、ダヒョンとの“契約交際”を始める。

(C) 2016. Godin Media Corp. All rights reserved.


 部下たちが恐れをなすほど神経質で完璧主義の仕事人間ジェインと、目の前に困っている人がいたら助けずにはいられないダヒョン。お互いに、「この人とだけは絶対につきあえない!」というふたりが出会うのはラブコメディの“お約束”だ。

(C) 2016. Godin Media Corp. All rights reserved.


 『1%の奇跡〜運命を変える恋〜』では、それぞれ違った目的のために嫌々デートを重ねていくふたりが、少しずつ本当の恋人になっていく変化を見守るのが楽しい。


 ジェイン役のハ・ソクジンはこれまでも『三度結婚する女』(13)や『サメ〜愛の黙示録〜』(13)といったドラマでエリートビジネスマンを演じてきた俳優。工学部出身で、「ただ頭がよいだけではなく、主観がはっきりしていて、話術に優れ、ユーモア感覚を持っている」男性を指す、“脳セク(=脳がセクシー)”の代表としても知られている。そんな彼が、寝る前に電話をしたり、公園に遊びにいったりという、“普通”恋愛の喜びに目覚めていく、少年のような初々しさをもつキャラクターを好演。今までどちらかというと、クールなイメージが強かったが、「こんなにロマンティックな面があったのか!」と驚くほどの甘い演技を見せている。

(C) 2016. Godin Media Corp. All rights reserved.


 ダヒョン役は、『イニョプの道』(14)や『明日もスンリ!』(15)のチョン・ソミン。「教師をするほどの知識もないし、誰かに教えることも上手くできない。でも、ドタバタした性格はダヒョンと似ているかも」と語る彼女の、しっかりしているようで、どこかとぼけたキャラクターもかわいい。

(C) 2016. Godin Media Corp. All rights reserved.


 『幽霊が見える刑事チョヨン』(14&15)や『じれったいロマンス』(17)のカン・チョルウ監督による明るく軽快な演出も気持ちよく、一度、見始めたら止まらなくなる。


 『1%の奇跡〜運命を変える恋〜』はAbemaTV【韓流・華流チャンネル】にて毎週月曜、火曜21時50分より放送中。また第1話はAbemaビデオにて常時無料視聴可能、第2話以降は放送後1週間無料視聴可能となっている。


テキスト:佐藤結

AbemaTIMES

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ