『インサイド・ヘッド2』製作陣来日決定 キャスト登壇USプレミア開催

2024年6月12日(水)14時0分 シネマカフェ

『インサイド・ヘッド2』(C)2024 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真を拡大

ディズニー&ピクサー最新作『インサイド・ヘッド2』より、ピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーのピート・ドクター、ケルシー・マン監督、マーク・ニールセンプロデューサーら製作陣の来日が決定した。

前作でのプロモーション以来、9年ぶりの来日となるピートは「アメリカでは、アニメーションは子供のものだと思われていることが多いですが、日本では違っていて、あらゆる世代に受け入れられています。もちろん子供たちも作品を見るだろうけど、私たちは子供に向けてだけじゃなく、大人も楽しめるように映画を作っています」と日本のファンに向けた熱いメッセージを寄せている。

またマン監督は「大きなスクリーンで、映画館で公開されるのがとても楽しみです。ライリーが成長し、彼女の世界は大きく広がっています。皆さんに観てもらえるのが待ちきれないです!」と話し、マークは5年ぶりの来日について、「日本の皆様がこの映画を観に来てくれることを願うばかりです。もし『インサイド・ヘッド』を気に入ったのなら、この映画もきっと気に入ってくれると信じています」とコメントしている。

全米公開を目前に控えた6月11日(日本時間)には、エル・キャピタン・シアターにてUSプレミアが開催。

ピート、マン監督、マークら製作陣に加え、ヨロコビ役のエイミー・ポーラー、イカリ役のルイス・ブラック、ムカムカ役のライザ・ラピラ、ビビリ役のトニー・ヘイル、シンパイ役のマヤ・ホークらキャスト陣が集結。さらに、ヨロコビ、カナシミ、イカリも会場に駆け付け、大盛り上がりを見せた。

前作で原案・脚本・監督を務めたピートは、「誰にとっても不安と闘っている瞬間がたくさんあります。僕も経験したことだし、みんなも経験することだと思います。『インサイド・ヘッド2』では、それをとても、楽しく意外な方法で描くことができました」と絶賛。

シンパイと同じオレンジ色の花の刺繍があしらわれたドレス姿で登場したマヤは、シンパイについて「私たちはみんな“シンパイ”を抱えているから、私たちはみんなこのキャラクターに共感できます。だから私が声優を担当できることはとてもクールなことで、世界で一番ラッキーな人だと思いました」と明かした。

マン監督は「欠点が“あるにもかかわらず”ではなく、欠点が“あるから”自分を愛してほしいと語る映画を制作したいと思いました。そのメッセージを、僕は世界に向けて伝えたいのです」と本作に込めた思いを語り、マークは「ライリーの世界を広げ、新しい感情が登場しているけど、とても楽しくて面白いです。とても感動的で、心温まる物語になっています」と魅力を明かした。

『インサイド・ヘッド2』は8月1日(木)より全国にて公開。

シネマカフェ

「来日」をもっと詳しく

「来日」のニュース

「来日」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ