渡辺えり、アプリで“男性化”した姿が西田敏行にそっくり過ぎて「本人に送りました」

6月12日(水)19時27分 Techinsight

「西田敏行さんじゃないよ」と大竹しのぶ(画像は『大竹しのぶ 2019年6月10日付Instagram「みんな男の人になっちゃった」』のスクリーンショット)

写真を拡大

かつて流行した“顔交換アプリ”に代わり話題になっている“顔変換アプリ”。自身の写真を年齢や性別を変えた様々な顔に変換できるこのアプリは芸能界でも流行しているが、現在舞台で共演中の大竹しのぶキムラ緑子渡辺えりも同じように“男性化”にチャレンジしたところ、意外な人物に似てしまったという。

先月31日より大阪松竹座で上演中の舞台『三婆』で息を合わせている大竹しのぶ、キムラ緑子、渡辺えり。千秋楽の27日までほぼ毎日、多い日には昼夜2回公演をこなす日々を送っているが、楽屋では和気あいあいと過ごしているようだ。大竹が10日のInstagramで、携帯の顔変換アプリにチャレンジした3人の様子を投稿している。

3人それぞれの“男性化”した姿を披露しているが、特に強烈なインパクトを残したのが渡辺えりで、なんと俳優の西田敏行に似ているのだ。

この完成度は本人も納得の仕上がりだったようで、大竹曰く「えりちゃんこれ西田さんに送ろうと言って今ご本人に送りました」とのこと。フォロワーからも「一瞬ほんとに西田さんだと思った」「想像した以上に西田敏行さん」と驚きの声があがったほか、「笑いすぎて苦しい」「最強」と多くのファンの笑いを誘っていた。

ちなみに渡辺同様に男性化した大竹しのぶは俳優の池松壮亮に、キムラ緑子はお笑いトリオ・我が家の坪倉由幸や歌舞伎役者の片岡愛之助に似ているという声も届いており、3人ともどこか馴染みのある男性に変身したもよう。写真を受け取った西田の反応は未だ分からないが、舞台の間の休憩時間でも3人は休むことなく大盛り上がりだったようだ。

画像は『大竹しのぶ 2019年6月10日付Instagram「みんな男の人になっちゃった」』のスクリーンショット

Techinsight

「アプリ」をもっと詳しく

「アプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ