広瀬すず、20代の抱負を語る 「人とうまく話せる人になる」

6月13日(水)17時16分 エンタメOVO

 “画伯姿”で登場した広瀬すず

写真を拡大

 ロッテ「爽ハッピースプーン」完成披露発表会が12日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める女優の広瀬すず、パラパラ漫画で人気のお笑い芸人の鉄拳が出席した。

 ロッテは、アイスにお絵かきをしながら食べられる専用の「爽ハッピースプーン」を開発。この日は、“画伯姿”で登場した広瀬が、同スプーンを使って「爽」に描いた犬の絵を披露。「最初は愛犬を描いていたんですが、こだわっていたら変なことになってしまったので、“よく見る犬の絵”にしました」と明かし、照れ笑いを浮かべた。

 イベントでは、広瀬が鉄拳の額に描かれた「爽」の文字の最後の1画を書き入れて完成させる企画も実施。「人生でトップクラスに入るくらい緊張する!」と真剣な表情を見せた広瀬だが、見事に仕上げ、「失敗したらどうしようと思いましたが、貴重な経験できました」とホッとした笑顔を見せた。

 今月19日に二十歳の誕生日を迎える広瀬。抱負は「人と上手く話せる人になる」ことだそうで、「仕事の場はなんとか慣れたけど、カメラが回ってないときに共演者と上手く話せないんです。今は年下の演者さんも増えてきたので、甘えてられないなと思いました」とコメントした。

 20代では「今までのイメージとはちょっとずつ変わっていきたいです」と語った広瀬。「10代の頃にしかできない作品や役に出会うことができたので、それもちゃんと自分のものにしつつ、何かまた良い意味で(期待を)裏切ることができたら良いなって思います」と話した。

エンタメOVO

「広瀬すず」をもっと詳しく

「広瀬すず」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ