美 少年・岩崎大昇主演ディズニーミュージカル『ニュージーズ』に星風まどか、加藤清史郎ら出演決定

2024年6月14日(金)10時0分 クランクイン!

美 少年の岩崎大昇が主演するディズニーミュージカル『ニュージーズ』より、追加キャストとして星風まどか、加藤清史郎らの出演が発表され、コメントが到着した。

 2021年に日本初演され、第29回「読売演劇大賞作品賞」にも輝いた、ブロードウェイミュージカル『ニュージーズ』が再演。

 本作は、ボブ・ツディカーとノニ・ホワイトが脚本を手掛けた同名映画を原作に、ブロードウェイではディズニー・シアトリカル・グループ製作により初演され、トニー賞8部門ノミネート、2部門受賞/ドラマ・デスク・アワード6部門ノミネート、2部門受賞。ブロードウェイで2年間、通算1004回公演を達成した人気作品だ。

 1899年のニューヨークを舞台に新聞販売の少年たち“ニュージーズ”の奮闘を描く本作。『美女と野獣』、『アラジン』、『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』など数々のヒット作を生み出し、アカデミー賞8度の受賞を誇るアラン・メンケンが音楽を、ジャック・フェルドマンが作詞を、そして『ラ・カージュ・オ・フォール』、『トーチソング・トリロジー』で知られ、トニー賞を4度受賞しているハーヴェイ・ファイアスタインが脚本を手掛けた、美しいメロディーと躍動感あふれるダンス・ナンバーが盛りだくさんのミュージカルだ。

 演出は、『エリザベート』、『モーツァルト!』、『レディ・ベス』、『1789 ‐バスティーユの恋人たち‐』、『ロミオ&ジュリエット』、『LUPIN〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜』など、多くの大ヒット作を生み続ける日本ミュージカル界の巨匠・小池修一郎(宝塚歌劇団)が、日本初演に続いて再び演出を手がける。

 “ニュージーズ”のリーダー的存在であるジャック役の美少年岩崎大昇が、グランドミュージカルに初主演。さらにメインキャストとして、若き女性記者で“ニュージーズ”を応援するキャサリン役には元宝塚歌劇団花組トップ娘役で退団後初舞台となる星風まどか、“ニュージーズ”の一員でありながら少し他の少年たちとは異なるバックグラウンドを持つデイヴィ役には加藤清史郎が初演に続いて続投。

 また、ジャックの弟的存在で足の不自由な孤児クラッチー役には数多くのミュージカル出演経験のある横山賀三が初参加。さらには、バーレスクのスターでジャックの絵の才能や人柄を認める人物メッダ役には宝塚を退団後、数々の舞台で幅広い役をこなす霧矢大夢が初演から続投し、利益のために“ニュージーズ”への新聞の卸値を引き上げようと画策する新聞社オーナー・ピュリツァー役には『ダンスオブヴァンパイア』、『笑う男』、『ヘアスプレー』、『ダーウィン・ヤング悪の起源』などのグランドミュージカルで硬軟自在な演技力と歌唱力で魅了する実力派の石川禅が初参加し、作品に重厚感を与える。

 「皆様に素晴らしい舞台をお届けできるよう、僕の持てる力の全てをかけて臨みます」と意気込む岩崎と同様、星風も「宝塚歌劇団卒業後、初めての舞台となりますが、しっかりついていけるよう精一杯心を込めて演じてまいります」と気合十分。

 初演から続投する加藤は「今回の再演の話を聞き、様々な想いが溢れてきました」と話し、「“Forever Newsies”こうしてこの作品に恩を返せる機会に巡りあえたことを心より光栄に思います。皆様にとって、刺激的な出逢いのひとつになりますよう精進致します」とコメントを寄せた。

 ディズニーミュージカル『ニュージーズ』は東京・日生劇場にて10月9日〜29日、兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホールにて11月3・4日、福岡サンパレス ホテル&ホールにて11月9〜11日上演。

 キャストのコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■ジャック役:岩崎大昇

 ジャック役の岩崎大昇です。以前、先輩である京本くんが演じられていたこの作品を任せていただけることになり、とても光栄に思います。観劇させていただいた当時、まさか自分がジャックを演じる日が来るとは思ってもいませんでした。それが現実となった今、心から嬉しい気持ちと主演を担う緊張感でいっぱいです。

 皆様に素晴らしい舞台をお届けできるよう、僕の持てる力の全てをかけて臨みます。

■キャサリン役:星風まどか

 この度、キャサリン役を演じさせて頂くこととなりました。アラン・メンケンさんが紡がれた素晴らしいメロディーの中に身をゆだねるだけで幸せな気持ちになりますが、宝塚歌劇団に在団中から大変お世話になっておりました小池先生、そして岩崎大昇さんを始めとする素晴らしいキャストの皆様とご一緒させていただけることがとても光栄で身の引き締まる思いです。

 宝塚歌劇団卒業後、初めての舞台となりますが、しっかりついていけるよう精一杯心を込めて演じてまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

■デイヴィ役:加藤清史郎

 今回の再演の話を聞き、様々な想いが溢れてきました。2020年春の全公演中止、そして2021年秋に念願叶って全公演上演することができた日本初演。この作品を通して本当に多くのものと出逢い、『ニュージーズ』が僕の人生を豊かにしてくれました。そして何かがあった時も、いつも僕のそばに“ニュージーズ”がいてくれました。“Forever Newsies”こうしてこの作品に恩を返せる機会に巡りあえたことを心より光栄に思います。

 皆様にとって、刺激的な出逢いのひとつになりますよう精進致します。

■クラッチー役:横山賀三

 クラッチー役の横山賀三です! 本作は世界中で絶大な人気を誇るミュージカル作品の1つでもあり、そして僕の大大大好きなディズニー作品に参加できることが嬉しくてたまりません。アラン・メンケンさんの手掛ける楽曲も本当に素晴らしいので、今から楽しみです!

 “ニュージーズ”の仲間達には、バレエやアクロバットなど、様々な技術を持つプロフェッショナルが集結します。そこで吸収できるものはしっかりと吸収し、稽古場ではガムシャラに食らいついていこうと思います! 宜しくお願いします。

■メッダ役:霧矢大夢

 初演に引き続き、メッダ役を演じます。メッダはジャックやキャサリン始め、“ニュージーズ”達を寛容な心で見守る頼もしい女性です。若さと情熱一杯の、新たな“ニュージーズ”達に早く会いたくて今からワクワクしております。2024年版『ニュージーズ』どうぞご期待下さい!

■ピュリツァー役:石川禅

 『ニュージーズ』は1899年の史実に基づいた「生きるため」の物語。ジョセフ・ピュリツァー役を演じさせて頂くことになりました。少年達のストライキの発端には米西戦争が。メディアと戦争に深い繋がりがあることが詳らになってきた昨今です。

 本作ではヴィラン的な存在ですが、後に遺志に基づいて創設されるピュリツァー(ピューリッツァー)賞の産みの親、新聞王ピュリツァーをどのように演じるか、難問への挑戦です。若い精鋭達に助けて貰いながら、懸命に演じたいです。どうぞお楽しみに!

クランクイン!

「ディズニー」をもっと詳しく

「ディズニー」のニュース

「ディズニー」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ