どうなる「カントリー・ガールズ」 稲場愛香「Juice=Juice」加入でファンに激震

6月14日(木)20時0分 J-CASTニュース

稲場愛香さん(画像はハロー!プロジェクトの公式ウェブサイトより)

写真を拡大

「ハロー!プロジェクト」のファン(通称・ハロヲタ)に衝撃的なニュースが舞い込んだ。ソロで活動中の稲場愛香(いなば・まなか)さんがハロプロ内のグループ「Juice=Juice」に加入するというのだ。

2018年6月13日22時ごろ、稲場さんの名前がツイッターのトレンド欄にあがった。ツイート数は7000以上にも及び、多くは驚きの声だった。実はハロヲタたちが驚いたのには、稲葉さんの「経歴」が関係している。



「カントリー・ガールズ」加入→療養



稲場さんは2014年11月にハロプロに加入。それと同時にハロプロの新グループ「カントリー・ガールズ」(通称・カンガル)のメンバーとなった。カントリー・ガールズは、米大リーグで活躍する田中将大さんの妻で、タレントの里田まいさんがスーパーバイザーを務めている。卒業生には、「ももち」の愛称で知られる嗣永桃子(つぐなが・ももこ)さんがいる。



稲場さんは喘息を患った影響で、2016年4月から療養のため活動を休止。同年8月には「カンガル」卒業が発表された。2017年9月中旬に健康状態の様子を見ながらハロプロでの芸能活動を再開するも、カンガルに復帰することなくソロで活動していた。最近では、北海道・札幌で開催された「YOSAKOI ソーラン祭り」(6月9日・10日)に、「ペプシ スペシャルチーム 北海道エリア選抜」として参加。踊る姿が美しいと話題になっている。



13日、ハロプロの公式ウェブサイト上で、稲場さんのJuice=Juice加入が発表された。「体調にも支障がないことから、さらに本格的な活動にシフトする」としている。



このニュースには、ツイッター上に喜びや驚きの声が相次いだ。一方で、複雑な胸中を吐露しているハロヲタも目立つ。



入れ替わりが激しいメンバー




「まって、まなかんJuice=Juice加入なん?なんでカントリー・ガールズちゃうんかな」

「ああ、なんかカンガルが消えて行こうとしている感じがしてとっても怖い そしてJuice=Juiceが、私の推してたグループとかけ離れていく感...」

「まなかんが今後も活動してもらえるのは本当に嬉しいけど、じゃあカンガルってなんだったの?」

「事務所が考えてることわかんない〜」


カントリー・ガールズは当初メンバー6人で活動していた。しかし、2015年に初期メンバーの島村嬉唄さんが一身上の理由でグループを脱退、同年に現メンバーの梁川奈々美さんと船木結さんが加入した。7人体制での活動まもなく、2016年8月に稲場さんが活動休止から卒業、2017年6月には嗣永さんがグループを脱退、芸能界を引退した。



現在は梁川さん、船木さん、森戸知沙希さん、山木梨沙さん、小関舞さんの5人で活動している。だが、梁川さん、船木さん、森戸さんの3人はハロプロ内の他のグループと兼任しており、カンガルの活動は「サブ」だ。さらに山木さんと小関さんは学業を優先し、学校の休日や長期休暇中での活動に限定されている。

J-CASTニュース

「Juice=Juice」をもっと詳しく

「Juice=Juice」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ