「史上もっともかわいいRQ」藤木由貴、密会グラビアで男心をくすぐるアダルトな魅力

6月14日(木)16時5分 メンズサイゾー

 今年1月に発表された『日本レースクイーン大賞2017』で大賞を含め5冠を達成し、「史上もっともかわいいRQ」と称される藤木由貴(25)。抜群のプロポーションと弾ける笑顔で男を虜にする彼女が、発売中の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の巻末グラビアでアダルトな魅力を発揮した。


 ソロとしては同誌初登場となる藤木は、ホテルの一室を舞台にした今回のグラビアで、ファーストカットからベッドの上で横たわる色っぽいランジェリー姿を披露。うつ伏せ状態でこちらを振り返る彼女は、口を少し開いてブラ紐を外し、物欲しそうな視線を向ける。「プリンッ」としたお尻も魅力的で、男心をくすぐるカットだ。


 ページをめくると、藤木はスカーフを巻いた私服姿に。コートを脱いでいる瞬間が切り取られており、ここには「AM 11:03」とある。今回のグラビアは時系列で楽しむ仕かけになっているようで、コートの後はセーターをめくってブラを見せている。


 続く「AM 11:15」のカットは、服を脱ぎ捨てた藤木のランジェリーショット。ベッドの上で横になる彼女は、髪を乱れさせながら誰かを見つめるような視線を向ける。衣装やシチュエーションから察するに、このシーンがファーストカットに使用されたのだろう。その後の「PM 01:35」は入浴ショットになっており、約2時間の経過が読者の妄想を刺激する。


 さらに「PM 02:38」では、バスローブを身につけた濡れ髪ショットを披露。下着もつけていないようで、見ているだけでドキッとしてくる艶ショットだ。そしてラストの「PM 05:14」は、癒し系の笑顔が目を引くものに。こちらを優しく見つめる彼女は、これまでのグラビアよりもかなり距離感が近い印象だ。そのため、「2:38から5:14の間に特別な出来事が起こったのかも…」と考えてしまう。


 この「密会」をテーマにしたグラビアには、「やけにエロいですね」「ホテルっていう設定が妄想をかきたてる」「昼間っていうのがイヤらしい(笑)」などとネット上のファンも大興奮。普段の藤木は明るく元気なキャラクターで人気を集めることから、今回のようなアダルトな姿には驚く人も多いようだ。


 2015年にレースクイーンとしてデビューし、今や「日本一のRQ」の呼び声高い藤木。そんな人気者をグラビア界が放っておくはずもなく、すでにさまざまな男性誌を飾り、「大ブレイク間近の逸材」として注目を集める。ファースト写真集の発売も決定しており、藤木からはしばらく目が離せそうにない。

メンズサイゾー

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ