「牙狼」新シリーズはジンガが主役の『神ノ牙-JINGA-』、2018年放送予定

6月14日(木)13時33分 マイナビニュース

雨宮慶太氏が原作・監督を務め、その独特な世界観と幻想的なビジュアルイメージが魅力となって、根強いファンが多数存在する特撮テレビドラマ「牙狼<GARO>」シリーズの最新作として、シリーズでも特に高い人気を誇るジンガ(演:井上正大)を主役にした『神ノ牙-JINGA-』が2018年より放送されることが明らかになった。

本作は、2015年に放送された TVシリーズ『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』、2018年1月に公開された劇場版『牙狼<GARO>神ノ牙KAMINOKIBA-』において、道外流牙=黄金騎士ガロの宿敵として登場した最凶のホラー・ジンガを主役に置いた物語。

「牙狼<GARO>」シリーズに多く登場する悪役の中でも高い人気を誇るジンガについては、2017年11月にはジンガを演じる井上正大主演・総指揮のもと、ジンガを主人公としたオリジナルストーリーの舞台「牙狼<GARO>-神ノ牙覚醒-」(主宰:銀岩塩)も上演された。

(C)2018「JINGA」雨宮慶太/東北新社

マイナビニュース

「牙狼」をもっと詳しく

「牙狼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ