ジャスティン・ビーバー“トムと決闘”は冗談

6月14日(金)9時33分 ナリナリドットコム

ジャスティン・ビーバーは、先日のソーシャルメディアにおける“トム・クルーズへの決闘申し込み”が、ただの冗談であったとしている。

ジャスティンは先日、トムとリングで戦いたいとして、米総合格闘技団体UFC代表のダナ・ホワイトに試合を組んでくれるようツイッター上で依頼していたが、今になってそれがただの冗談であったと撤回した。

米ゴシップサイト・TMZから、「トムと本当に戦うつもりなのか」たずねられると、「それはないね。ただ遊んでただけ。彼のインタビューを見て話が頭に浮かんだだけさ。なんでそんなこと思ったのかは分からないけど。ただのランダムなツイートだよ。俺ってそういうことたまにするから」と答えた。

また、トムが試合に同意したところで負けていただろうとし、「間違いなくトムに思いっきりやられてたと思うよ。俺はまず体作りからやる必要がある。今はかなり細いからね。トムはウェイトですでに階級違いだよ。彼はガタイがいいだろ。父親としての強さがあるから」と続けた。

事の発端となったツイートでジャスティンはこうつづっていた。

「僕は八角形のケージでトム・クルーズと喧嘩してみたい。トム、この喧嘩を受けないのなら、君は臆病者だ。後悔し続けることになる。誰が企画するのかって?ダナ・ホワイトかな?」

一方のホワイトは、返信こそしなかったものの、UFC王者にも輝いたコナー・マクレガーが試合の主催者に名乗り出ていた。

ナリナリドットコム

「ジャスティン・ビーバー」をもっと詳しく

「ジャスティン・ビーバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ