福本莉子「怖さない」キキ役でフライングシーン挑戦

6月14日(木)19時12分 日刊スポーツ

ミュージカル「魔女の宅急便」の公開稽古を行った、左から横山だいすけ、生田智子、福本莉子、大西流星、白羽ゆり、藤原一裕

写真を拡大


 2年前の東宝シンデレラオーディションでグランプリを獲得した福本莉子(17)が14日、初出演、初主演の舞台「魔女の宅急便」(15〜24日、東京・新国立劇場中劇場)の公開稽古を行った。
 主人公の魔女キキを演じる福本は「最初は不安が大きかったんですが、皆さん優しくて現場が楽しい。今は初日を迎えるのが本当に楽しみです」。ほうきに乗って高さ3・6メートルのフライングシーンにも挑戦する。「ジェットコースターが好きなので、怖さはないです」と、度胸を見せた。
 キキと交流を深める少年トンボは関西ジャニーズJr.の大西流星(16)が演じる。福本と同じ関西出身ということで、稽古場でも関西弁で話しているという。しかし大西は「莉子ちゃん、だんだん標準語になってきた。東京に染まってきたなあ…」とぽつり。福本は「そんなことないです。大阪も忘れてないです」と苦笑いだった。
 サッカーW杯が始まることについて、サッカー解説者中山雅史氏(50)の妻である生田智子(51)は「こちらのワールドカップで頑張ります」と意気込んでいた。
 ほかに横山だいすけ、お笑いコンビ、ライセンスの藤原一裕、白羽ゆりが出演。7月4、5は大阪公演。

日刊スポーツ

「福本莉子」をもっと詳しく

「福本莉子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ