DJ KOO、根本要に「焦らずご回復を」呼びかけ

6月14日(木)8時57分 日刊スポーツ

DJ KOO

写真を拡大


 TRFのDJ KOO(48)が、脳血栓のため緊急入院したスターダストレビューの根本要(61)を心配し、「安静に焦らずご回復を!!」と呼びかけた。
 KOOは13日、ツイッターを更新し、「要さん大丈夫ですか!緊急入院のニュース報道を見て驚きました」と心配。自身も17年9月にテレビ番組の企画で受けたMRA検査で脳動脈瘤が見つかり、手術を受けたこともあるだけに「早期発見との事で、大事に至る前に治療が出来て何よりです、僕も昨年脳動脈瘤の手術をして他人事とは思えません」とつづり、「安静に焦らずご回復を!!」と呼びかけた。
 スターダストレビューの所属レコード会社によると、12日に根本が体調不良を訴え、医師による診断の結果、脳に小さな血栓が見つかり、急きょ入院したという。病状については「早期発見のため治療により快方に向かっている」としているが、「しばらくは安静が必要との診断を受けております」とし、ライブの中止を発表した。

日刊スポーツ

「DJ」をもっと詳しく

「DJ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ