尾木直樹氏、未成年者飲酒問題「入店禁止にしては」

6月14日(木)12時16分 日刊スポーツ

尾木直樹氏

写真を拡大


 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(71)が、未成年者の飲酒問題について「20歳の証明書がないと入店禁止にしてはどうでしょうか?」と提案した。
 芸能界で未成年者との飲酒騒動が起きているが、尾木氏は13日、「未成年者の飲酒環境が甘すぎる日本!!」のタイトルでブログを更新。
 飲酒運転の取り締まりにおいてはドライバーだけでなく飲酒をさせた飲食店や同乗者も罰則の対象とすることで「事故など未然に防ぐことにつながっている」とした上で、未成年者の飲酒についても「同様に未成年者は入店出来ない 入店させただけで飲まないでもお店も指導受けるようにアメリカ並みに飲酒環境の整備を進めるべきではないでしょうか? 20歳の証明書がないと入店禁止にしてはどうでしょうか?」と問い掛けた。
 「たとえ飲んでなくても未成年者の健康を社会的に守ることは大人の責任だと思います」と尾木氏。「特に社会的役割の大きな大人は率先して子どもたちを守ってほしいですね」とつづった。

日刊スポーツ

「飲酒」をもっと詳しく

「飲酒」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ