新世代ガールズが続々登場! 制服×ボクサーパンツによる新感覚グラビア「ぼくチラ。」に込められた想いとは!?

6月14日(金)19時0分 週プレNEWS

グラジャパ!にて連載がスタートした「ぼくチラ。」。写真のモデルは、藍染カレンさん
グラジャパ!にて連載がスタートした「ぼくチラ。」。写真のモデルは、藍染カレンさん

モデル、女優、コスプレイヤー、アイドル......SNSを中心に情報を発信するインフルエンサーたち。彼女たちを紹介していく新連載が週刊プレイボーイの公式グラビアサイト「週プレ グラジャパ!」でスタートした。タイトルは「ぼくチラ。」。

チャーミングな「インフルエンサー」を毎週、ひとりずつピックアップ。彼女たちはファッショナブルな制服を着て、思い思いのポーズをキメるが、そのスカートの端からは個性的な色合いのボクサーパンツがチラリと......。可憐さの中にも、内なる強さがのぞく、新世代ガールズによる新感覚グラビアだ。

6月10日発売の『週刊プレイボーイ25号』では、グラジャパ!の連載と同時に特集が組まれ、モデルのしらい、アイドルグループ・ZOCの藍染かれんら4名が登場。その個性的な姿に、早くも大きな話題を呼んでいる。

そこで、この新連載を企画した青木貴志つるしまたつみにインタビュー。「インフルエンサー」たちを起用した意図から、この斬新なビジュアルに込められた想いまでを聞いた。

——まず、「ぼくチラ。」はどんな経緯で始まったんですか?

青木貴志(以下、青木) もともと僕は「 M A C A R O N I C ×HOYAJUKU」というアパレルブランドやショップ経営、そして今年に入って仲間3人と立ち上げたインフルエンサー事業の新会社「(株)たこあし商工店」も経営しています。時々、店舗でイベントも催しているんですが、そこでつるしまたつみくんと出会ったのがきっかけですね。
 
彼はゲーム、アイドル、コスプレなどの分野で人気のイラストレーター。彼は「いま」という時代を本当に良く見ているので、まず彼を口説いて「(株)たこあし商工店」に入って貰い、そして、彼と話すうちにファッションとビジュアルを組み合わせた形で「インフルエンサー」を捉え、時代の価値観を表現できればと、企画を考えました。

——「インフルエンサー」というと、アイドル、モデル、コスプレイヤー、ユーチューバー......。

青木 そうです。僕もつるしまくんも、そうした人たちと仕事で接する機会も多いんですが、各自でSNSを使いこなしてフォロワーを増やし、自らの趣味、嗜好、考えなどを広く提案しています。例えば「アイドル」など特定の分野の人たちに限定することなく「インフルエンサー」と括ることで、もっと大きな時代のうねりみたいなものも見えてくるんじゃないかと思ったんです。特に今回は女性に限定して、ポップに表現できたらとも思いました。

——そうした女性のインフルエンサーたちに、制服を着せて、スカートの端から、ボクサーパンツをチラリとのぞかせようというのはどういう発想から?

青木 大人でも子供でもない女性らしい可憐さと、その内に秘めた力強さの両方を表現したいな思って。思いついたのが制服であり、ボクサーパンツだったんです。

つるしまたつみ(以下、つるしま) 僕はイラストレーターとして活動する一方で、「制服症候群」という、制服美少女たちを題材とした写真サイトをやっているんです。自分で撮影をしているんですが、そこで培った経験を生かしたいという想いもありました。

——制服もボクサーパンツも、実にファッショナブルですね。

青木 制服は人気デザイナーに本企画のため、オリジナルのデザインと制作をお願いし、またボクサーパンツはサブカル界隈でいま注目イラストレーターの作品を新たにプリントしています。

制服もボクサーパンツも着てもらうことでただオシャレに見えるだけでなく、「いま」の空気もまとってもらえたらと。制服もボクサーパンツも販売し、気に入った方が実際に手にとれるようにもしています。

——今回、青木さんはディレクションとスタイリング、つるしまさんがカメラマンを担当していますが、撮影に際し、大事にしていることは?

青木 僕は全体としてのファッション性や美しさですね。今回、ロケーションはショップのある高円寺周辺に限っていて、公園や道端をはじめ、商店街にある八百屋さんや本屋さんなどでも撮影しています。そうした日常の風景の中にある、非日常感を出せればと思っています。

つるしま 僕は女のコのキャラクターです。表情はもちろんポージングから雰囲気まで。背景にしても普段だと気にならないのに、そのコといると妙に気になる場所ってあるので、そういう背景を狙って撮ったり。彼女らしさを最大限に生かしています。

写真のモデルは、しらいさん
写真のモデルは、しらいさん

——今回、週プレではモデル、女優、コスプレイヤー、アイドルの4人を撮り下ろしています。特に印象に残った撮影はありますか?

青木 どれも印象深いですけど、強いて言えばアイドルグループ・ZOCの藍染かれんさんでしょうか。寂れた公園とそばのひび割れた道端で撮ったんですが、赤いロングヘアの力強い佇まいが、ファッションとむき出しの風景とすごく合っていましたね。

つるしま 僕も誰とは限定できないですけど、強いて言えばモデルのしらいさんですかね。ボクサーパンツをチラ見せするため、スカートをテグスで引っ張って撮ったんですけど、ちょっと変わった撮影ながらも堂々としていて、非常にかっこよかったですね。

——すでに何人も「インフルエンサー」を撮影していますが、ご覧になって、共通すると感じられる部分はありますか?

青木 なんといっても、みんな自己プロデュース力が高いというのはありますよね。どういう風に自分を見せれば、自分が魅力的に見えるか。すべてが意図的なのかどうかは、別としてそれがすごいと思います。あと、話しをして思うのは、皆さん、大きな夢のようなものがないことですね。

——大きな夢ですか?

青木 たとえばアイドルなら国民的アイドルになりたいとか、武道館のステージに立ちたいとか、そういうことは一切考えない。むしろもっと現実的。自分を客観的に見ていますよね。まぁ、だから自己プロデュース力が高いのもあるんでしょうけど。

——つるしまさん自身がイラストレーターとして、大勢のフォロワーをもち、インフルエンサーでもありますよね。同じ視線で見てどうですか?

つるしま 「インフルエンサー」って最初からなろうと思ってなったわけではないんです。いつの間にか、そんな風になってしまったというか。だから大きな夢は持たなくても当然かもしれません。それこそ大きな夢より、SNSの「いいね」をたくさんもらいたいという願望のほうがあるというか。「インフルエンサー」に共通する点と言えば、やはり人一倍の承認欲求だと思いますね。

——なるほど。最後に今後のビジョンを教えてください。

つるしま 継続して続けることを第一に、作品がたまってきたらいつかは写真展やイベントなどもやりたいですね。「インフルエンサー」たちの姿が目の前に大量にあった時、一体、どんなものが見えて、何を感じるのか、自分たちでも今から楽しみですよね。

青木 この連載が、何かを生み出すきっかけになってくれたらいいですよね。例えばボクサーパンツが女性たちの新しいファッションのアイテムになるような。ここは、今の時代を切り取るとともに新しい価値観を提案する場にできればと思っているんです。そして「インフルエンサー」たちと一緒にものを作り上げることで、どんな化学反応が起こるのか、僕たち自身も楽しみたいと思っています。

あと、個人的には10年後、20年後にこの「インフルエンサー」達がどうなっているのか? そして「インフルエンサーを超えた何かに昇華することはあるのか?」に、凄く興味が沸きますね。

「ぼくチラ。」を手がける青木貴志さん(右)と、つるしまたつみさん(左)
「ぼくチラ。」を手がける青木貴志さん(右)と、つるしまたつみさん(左)

●青木貴志
1980年生まれ。服飾専門学校を卒業後、渡英。デザイナー兼スタイリストとしての活動を開始。2005年に原宿にセレクトショップ「MACARONIC」をオープン。数々のCMやMV、アーティスト、タレントの衣装制作及びスタイリングを担当。 国内外の企業のクリエーティブディレクター、プロデューサーを務める。2019年に企画会社たこあし商工店を設立。

●つるしまたつみ
(限りなく群馬に近い)埼玉県出身/イラストレーター。色彩豊かなイラストを得意とし、アイドルグループのCDジャケットデザイン・グッズデザインやなど、幅広く各種媒体のアートワークをこなす。自ブランド「世界かわいい連盟」のデザイナーとしても活動している。
HP【https://tsurushimatatsumi.com/】
Twitter(絵)【@tsuru_oden】
Twitter(写真)【@tsuru_goden】

●「ぼくチラ。」は週プレグラジャパ!にて絶賛公開中!
http://www.bokutira.com/

取材・文/大野智己 撮影/つるしまたつみ

週プレNEWS

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ