SEVENTEEN『Happy Ending』に込められた想い

6月14日(金)17時0分 TOKYO FM+

韓国発13人組ボーイズグループのSEVENTEENが、6月13日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、5月29日リリースのJAPAN 1ST SINGLE『Happy Ending』の感想を伝え、この曲への想いを聞きました。



とーやま校長:「Happy Ending」のリリースおめでとうございます! すごく素敵な曲ですね。

ミンギュ:僕たちのほうが、ありがとうございます!

とーやま校長:それぞれ、どんな人にも“ストーリー”があるじゃないですか。例えば、自分の好きな人や家族がうまくいっていないとき、自分に何か出来るんだったら、言葉をかけるなり何か行動を起こしてストーリーを良いものにしてあげたい。この曲を聴いて、そういう気持ちがすごく大切だなと思いました。

SEVENTEEN:ありがとうございます。

とーやま校長:ウジ先生(楽曲制作を担当)は、どういう気持ちを込めてこの曲を歌いましたか?

ウジ:まず、僕たちSEVENTEENとCARAT(ファン)の皆さんの幸せを祈る、そういった気持ちを込めています。


ウジさん



あしざわ教頭:僕には、セブチ先生の決意のような曲にも聴こえました。「みんなを絶対に連れて来るんだ」「僕たちの力で何とかそちらに行こう」みたいな、そういった熱意とか決意をすごく感じたんですけど、その辺はいかがですか?

ウジ:その通りなんです。僕たちのそういう願いも込められているんですけど、歌詞には「僕たちがHappy Endingにするんだよ」だけではなくて、「みんなで力を合わせてHappy Endingを作っていくんだよ」という気持ちも込めているんです。

とーやま校長:セブチ先生はいつもCARATのことを想って声を届けてくださっているんだなと、この曲を聴いて改めて感じました。ミンギュ先生、素敵な歌ですね。この曲はどんな人に届いてほしいですか?

ミンギュ:僕たちのことを愛してくださっているファンの皆さんにも聴いてほしい曲でありながら、人生においてハッピーを探し求める人にも届いてほしいなと思っています。そこに、僕たちSEVENTEENが何かの助けになれば、と思っています。


ミンギュさん



——ここで「Happy Ending」をオンエア

とーやま校長:この曲が流れると体が動いている方もいたんですけど、自然に声が出たり体が動いちゃったりするものですか?

ドギョム:何となく“ダンスの血”が、僕の身体の中で騒いでいるんですね。だから、音楽が流れると身体が勝手に動き出すんです。

SEVENTEEN:(笑)。

とーやま校長:(踊っているドギョムさんを見て)ウォヌ先生、こんなドギョム先生はどうですか?

ウォヌ:ちょっと恥ずかしいけど、カッコいいです!

ドギョム:ありがとうございます!


ドギョムさん



とーやま校長:さらに、(3曲目の)「Healing -Japanese ver.-」も好きなんです。

SEVENTEEN:ホントに!?

とーやま校長:ほんと! 楽しい気持ちになる!

ドギョム:『Don’t stop this healing〜 Now dive in dive in dive in dive in Ooh hoo♪』(「Healing -Japanese ver.-」の一節を歌う)

とーやま校長:『Ooh hoo♪』

あしざわ教頭:校長が返した(笑)。

SEVENTEEN:お〜!


エスクプスさん



とーやま校長:(2曲目の)「Oh My! -Japanese ver.-」も今回は日本語で歌われていますが、日本語はいつ勉強されているんですか?

ドギョム:日本語のレッスンを受けているメンバーがいるんです。すごく一生懸命勉強していて、4月のコンサートツアーのときも、日本語をいっぱい話して頑張っていました。

あしざわ教頭:エスクプス先生が、ジョンハン先生とホシ先生を指されていましたけど、2人が(勉強をしているのですか)?

エスクプス:一番、一生懸命勉強していました。

SEVENTEEN:ウォヌさんとミンギュさんも!

ウォヌ:スケジュールのないときは、レッスンを受けています。

とーやま校長:ウォヌ先生、日本語って難しいですか?

ウォヌ:はい。難しいけど、本当に楽しいです。

とーやま校長:日本人としても嬉しいです。


ウォヌさん



今回で4度目の登場となったSEVENTEEN。前回は、当番組の公式YouTubeチャンネルでの配信もあったのですが、エスクプスさんから「(動画を)見ました!」という報告もありました。


【ドライ部3】#2「SEVENTEENにインタビューしてみた!」

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年6月21日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

★★6/10(月)〜6/14(金)「SCHOOL OF LOCK!」スペシャル授業WEEK! ★★
6/14(金):Amazonカードプレゼント

☆☆「未確認フェスティバル2019」ネットステージ投票受付中!☆☆

TOKYO FM+

「校長」をもっと詳しく

「校長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ