トルシエ元監督、サッカー日本代表にエール 「一体感がある日本のサッカーを」

6月14日(木)12時43分 エンタメOVO

 サッカー日本代表にエールを送ったフィリップ・トルシエ氏

写真を拡大

 「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 オープニングセレモニー」が14日、東京・港区のお台場ウェストプロムナードで行われ、元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が登場した。

 同日午後6時(日本時間15日午前0時)に開幕する2018 FIFA ワールドカップロシア大会に伴い、日本のフットボールを盛り上げるスポーツコミュニティパークが期間限定でオープンする。

 トルシエ氏は、現在の日本代表チームのコンディションについて、「監督が交代になったという特殊な状況ではあるが、西野(朗)監督に信頼をしっかりと置く必要がある。先日のパラグアイ戦でも分かったように、自分たちの自信につながる火花が出てきている。それを糧に選手は自分の責任を果たすことが大事だ」と語り、「私は心配していない。選手が自信を持って、一致団結してやっていけば(突破)できると思う」とエールを送った。

 また、日本代表のユニフォームに「UNiTE as One」とメッセージを書き込むと、「選手みんなが一つとなって頑張ろう」とコメントし、日本代表選手に向けて「今の状況だからこそ、自分たちの力をしっかりと発揮できるし、大きなチャンスがある。一体感がある日本のサッカーを発揮してほしい」と改めて思いを言葉にした。

 サポーターに向けてメッセージを求められると、「選手に応援する気持ちを届けてほしい。良いときも悪いときも一緒だと、しっかりと伝えてほしい」と呼び掛けた。

エンタメOVO

「トルシエ」をもっと詳しく

「トルシエ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ