「大切な人を想う気持ち」を歌とドラマで表現 JT新CM「想うた」シリーズ

6月15日(金)0時0分 J-CASTニュース

新CM「想うた」

写真を拡大

日本たばこ産業(JT、本社・東京)は2018年6月15日から、新企業広告シリーズ「想うた」を始めた。

JTは「ひとのときを、想う。」という企業思想を掲げている。この広告シリーズでは、親や恋人など大切な人のことを想う姿や気持ちを、心温まる歌とともに描いていく。



人気若手俳優の北村匠海さんが演じる



CM第1弾では、人気若手俳優の北村匠海さんが、地方から上京して働く新社会人を演じている。慣れない都会で初めての社会人生活を送る中、離れて暮らしていても支えてくれる親の大切さに気付く。



北村さんは映画「君の膵臓をたべたい」(2017年)に主演し、「第41回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞した。ダンスロックバンド「DISH//」のボーカルとしても人気を集めている。



CMではセリフはなく、映像とともにこのために書き下ろされた楽曲「親を想う」が流れている。歌唱・作曲は、「小さな恋のうた」などで知られるロックバンド「MONGOL800」のボーカル・上江洌清作(うえず・きよさく)さん。北村さん演じる主人公の両親への思いを歌い上げる。



「海の声」の篠原誠さんが作詞



楽曲の歌詞にも注目だ。作詞はクリエーティブディレクター・CMプランナーの篠原誠さん。KDDIの「au 三太郎シリーズ」のCMで、俳優の桐谷健太さん演じる浦島太郎が歌う「海の声」の作詞や、ドラマの脚本などを手がけている。



篠原さんは今回の「想うた」シリーズについて、以下のようにコメントしている。



「親が子を心配するとか、子がたまに親のことを思い出して電話するとか、感謝の気持ちを伝えるとか、それ自体に独特なものはない。独特なものがないからこそ、そこが大事だと思うんです。『想うた』シリーズを通じて、人のことを一瞬でも考える、そんな時間って素敵ですよねという提案ができれば良いと思っています」


CM 映像はスペシャルサイトで見ることができる。このほか、スペシャルムービー、登場人物紹介やグラフィック・歌詞も公開されている。今後は、出演者のインタビュー映像や撮影時のオフショットも順次公開予定。なお、6月15日の「アナザースカイ」(日本テレビ系、23時10分〜)では、120秒のスペシャルバージョンが流れる。

J-CASTニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ