田口淳之介 土下座で小嶺麗奈を援護!同時保釈に隠された真意

6月15日(土)6時0分 女性自身

「しばらくの間、私自身の芸能活動を休止しますが、しっかりと更生し、罪を償い、1日でも早くみなさまのご信頼を取り戻すべく、必死に生きてまいります」



大麻取締法違反で起訴されたKAT-TUNの元メンバーで歌手の田口淳之介被告(33)。6月7日19時20分ごろ、東京・湾岸署から釈放された田口。冒頭のように謝罪すると、約20秒間にわたる土下座を敢行していた。“全力土下座”からさかのぼること15分。田口と内縁状態にあり、同容疑でともに起訴された元女優の小嶺麗奈被告(38)も同署の裏口からひっそりと釈放されていた。この同時釈放には“目的”があった。捜査関係者はこう語る。



「小嶺さんが釈放される10分前に、湾岸署から報道陣へ『2人は同時に出る。田口は表、小嶺は裏から』とアナウンスをしています。当然、各社は注目度の高い田口さんへ殺到しました。小嶺さんの保釈申請は6日に通っていたので、保釈金さえ払えばすぐに出られる状態でした。しかし田口さんが7日に釈放されると見込み、1日遅らせることで同時に保釈されることを2人は狙っていたのです」



さらに、計画の裏には田口の小嶺への思いが隠されていた。



「小嶺さんは今回の事件で『田口をそそのかした悪女』など世間から激しいバッシングを受けていました。ふだんは気丈な彼女ですが、勾留中も相当落ち込んでいたようです。そこでほぼ同時刻に釈放されると知った田口さんが、報道陣を引きつけることで彼女を人目につかないようにしていたのです。“土下座劇”の裏には、『僕が注意を引いてる間に裏から逃げて!』という彼なりの愛情があったのでしょう」(前出・捜査関係者)



田口が注目を集める間に、小嶺はひそかに車で都心へ向かっていた。信号待ちで停車した。一瞬、追跡する報道陣の隙をついて小嶺と思われる女性が車から飛び出す姿を本誌は目撃。そのまま彼女は、地下鉄の入口へ消えていった——。



気になるのは2人の今後。アリシア銀座法律事務所の竹森現紗弁護士はこう語る。



「2人は初犯であり、当初から罪を認めて反省していることなどの情状からすると懲役6カ月〜1年、執行猶予3年の判決になるのではないかと思われます」



保釈後はいっさいの接触が禁止されているという2人。真の絆が試されるのはこれからだ——。

女性自身

「土下座」をもっと詳しく

「土下座」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ