長嶋一茂&古市憲寿、謎解きに悪戦苦闘「悔しいんだよ〜」

6月15日(土)7時0分 マイナビニュース

タレントの長嶋一茂と社会学者の古市憲寿氏が、きょう15日に放送されるフジテレビ系特番『世界法廷ミステリー11 〜悪魔のアリバイ〜』(21:00〜23:10)で、謎解きに悪戦苦闘する。

実際の裁判映像や証言を手がかりに、殺害現場に残された証拠などから事件の謎に迫る同番組。今回は、アメリカ・テキサス州で2003年、セレブ一家が銃撃された事件に注目する。

スタジオでは、ゲストが事件の真相を推理。番組初出演の長嶋も挑戦するが、なかなか真実にたどり着けず、「悔しいんだよ〜。もう1回だけ(推理して)いいですか?」と、何度も推理を披露する。

同じく初出演の古市氏も、謎が解けず黙り込む展開に。『とくダネ!』での舌鋒(ぜっぽう)鋭い姿と異なる様子に、MCの宮根誠司から「古市さんはあれだけ小倉さんにツッコむですから…」と指摘され、苦笑いを浮かべる。

さらに、宮根に翻弄(ほんろう)され、誤った方向に推理を導かれていくゲストたち。古市氏は「また宮根さんに誘導されちゃった」、一茂も「誘導されたよ! 恥ずかしいよ〜!」と声を上げることになる。

(C)フジテレビ

マイナビニュース

「長嶋一茂」をもっと詳しく

「長嶋一茂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ