蒼井優と鈴木浩介が破局発表「1年足らずの短いお付き合いでした」。

6月15日(土)0時20分 ナリナリドットコム

写真週刊誌「フライデー」で熱愛を報じられたことを受け、昨年7月に堂々の交際宣言をしていた女優の蒼井優(27歳)と俳優の鈴木浩介(38歳)が破局した。鈴木が6月14日、公式サイトで報告している。

公式サイトに掲載された「ご報告」では、まず、「昨年7月に、書面を通して、私、鈴木浩介と蒼井優さんとの交際について、お知らせをいたしましたが、この3月上旬に、お付き合いを解消いたしました」と報告。「1年足らずの短いお付き合いでしたが、お互いに話し合い、このような結論に至りました」としている。

そして「一緒に過ごした時間の中で、多くのことを学び、大きな励みももらえた付き合いでした」と交際を振り返り、「長い人生、これからは同じ世界で生きて行く役者仲間としての付き合いの方が長くなるのかもしれません。今後、良き友人として互いの活動を応援し合える関係を続けていきたいと思っています」と、今後の関係についてもつづった。

最後は「これまで静かに見守ってくださいまして、ありがとうございました。プライベートなことですので、この件についての会見や取材は行いませんが、始まりのときと同様、再び書面を通してのご報告とさせていただきます」との言葉で報告を結んでいる。

鈴木は1974年生まれ、福岡県出身。青山学院大学在学中に青年座研究所に入所し、その後、劇団青年座の俳優として活動した。2004年に青年座を退団後は主にテレビドラマを中心に活動。2007年に出演した「LIAR GAME」(フジテレビ系)で、マッシュルームカットのフクナガユウジ役が強烈なインパクトを放ち、当たり役となった。プライベートでは2010年に女優の藤谷美紀(38歳)との交際が報じられたことがある。

蒼井は1985年生まれで、鈴木と同じ福岡県出身。2001年に岩井俊二監督の「リリイ・シュシュのすべて」で映画デビューを飾り、その後は数々の映画に出演。2006年の「フラガール」では数多の映画賞を受賞するなど、日本を代表する若手女優の一人となった。プライベートでは2008年にV6の岡田准一(31歳)と、2010年に大森との交際が報じられた。

2人は一昨年12月に共演した舞台「その妹」で知り合い、昨年5月上旬からスタート。そして7月に「まだ日の浅い二人ですが、穏やかに丁寧に時間を積み重ねて行けたらと思っています。何卒宜しくお願い申し上げます」と交際を宣言していた。

ナリナリドットコム

「蒼井優」をもっと詳しく

「蒼井優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ