小島瑠璃子が声優初挑戦!米アニメ映画でヒーロー役

6月15日(金)4時0分 日刊スポーツ

米アニメ映画「インクレディブル・ファミリー」で声優に初挑戦する小島瑠璃子

写真を拡大


 タレント小島瑠璃子(24)が、米アニメ映画「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督、8月1日公開)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦することが14日、分かった。
 お笑いタレントのサンシャイン池崎(36)とともに特殊能力を持ったヒーローを演じる。
 スーパーヒーロー一家を描き、14年前にヒットした「Mr.インクレディブル」の続編。前作に続いて出演する三浦友和黒木瞳綾瀬はるか、高田延彦らに、小島と池崎が加わる。主人公一家とともに活躍する重要なキャラクターだ。
 小島は、人や物を瞬間移動できる能力を持ったヒーロー、ヴォイドを演じる。「声優のお仕事にあまりイメージがない私に声をかけてくださってすごくうれしかったです。(ヴォイドは)かわいらしくて素直なんですが、ちょっと暑苦しいイメージもある。すごく素直で活発なところもあって自分に似ている」とコメントした。
 池崎は、電気を自由自在に操るへレクトリクス役。絶叫ネタで人気の池崎は、欲しい能力を聞かれ「よく叫ぶ芸風なので、いつでものどを潤せるように、手のひらから無限にのどあめが出る能力が欲しいです。攻撃もしますよ。キャンディビーム!!」と、ノリノリだった。

日刊スポーツ

「ヒーロー」をもっと詳しく

「ヒーロー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ