「仮面ライダー」シリーズ戦闘員役 訓練中に死亡

6月15日(金)7時5分 日刊スポーツ


 テレビ朝日系「仮面ライダービルド」(日曜午前9時)などにアクション担当として出演していた俳優野辺大地(のべ・だいち)さん(21)が13日午前11時20分ごろ、千葉県白子町のホテルで、飛び降り訓練中、意識を失って病院に搬送され、14日午前5時40分ごろに死亡した。
 茂原署などによると、外傷はなく、頭を強く打ったことが死因とみられる。野辺さんは高さ約15メートルのホテル5階から縦5メートル、横7メートル、厚さ2・5メートルのエアマットに背中からマットに落ちるアクションの練習をしており、3回目の飛び降りの直後に搬送された。署は訓練方法や安全管理に問題がなかったか調べる。
 所属事務所によると、野辺さんは同ホテルで、所属事務所俳優らによる、1年に1回程度行っているアクション訓練の合宿をしていた。今回、俳優や指導者ら40〜50人が参加していたという。事務所関係者は「安全面は万全を期していた」とし、「飛び降りた後、フラフラしていたので、横に用意していたマットに座らせているうちに意識がなくなった」と明かした。
 「仮面ライダービルド」で戦闘員役などを担当。直近では今月3日放送回で「エンジンブロス」という敵役でスーツアクター(着ぐるみ)として出演した。テレビ朝日系「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(日曜午前9時30分)にも出演していた。両番組の今後の放送についてテレビ朝日は「影響ない」としている。8月公開の、両作品の劇場版にも出演しているという。事務所関係者は「真面目な好青年で今後を期待していた。残念です」と悼んだ。

日刊スポーツ

「仮面ライダー」をもっと詳しく

「仮面ライダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ