「東京おもちゃショー2019」 人気芸能人が多数登場したバンダイブースに行ってきた

6月15日(土)14時42分 おたくま経済新聞


 出展商品数は3万5000点。国内最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」が、6月13日〜16日の4日間、東京ビッグサイトで開催されています。日本や海外の玩具メーカーが、注目の新商品を紹介していますが、6月13日のバンダイブースでは新商品の発表のほか、多くの人気芸能人がゲストで登場するとのことなので、行ってきました。



 タカラトミーブースの究極のマヨネーズを作ることができる「究極のMYO」やセガトイズブースの「メガドライブミニ」など、今年も人気商品や新商品などが数多く紹介された「東京おもちゃショー2019」ですが、筆者が気になったのは人気芸能人がたくさん登場したバンダイブース。









 最初に登場したのは、動画総再生回数が100億回を突破している大人気動画クリエイターのHIKAKINさん。紹介された商品は、HIKAKINさんとコラボした「だれでも動画クリエイター!HIKAKIN BOX」。これは、Youtubeチャンネル総登録者数1400万人を超える「HikakinTV」で実際に使用されているBGMやセリフ、効果音を多数収録。さらに、ボイスチェンジマイクに向かって声を出すと、「ヒカキンロボットボイス」に変換されたりして、動画クリエイターになりきって遊ぶことができる商品です。





 HIKAKINさんは、この商品を作る際、ものすごくこだわったそうで、バンダイ開発担当の福原進之介さんは「素人にはわからないレベル」だったので、とても苦労されたとのこと。HIKAKINさんのセリフを録音するために、音楽スタジオで7時間収録したけど、どうしてもHIKAKINさんは納得できず、自宅のいつもYoutubeの動画を撮影している環境で録音し、それをバンダイのスタッフに送り、その音源が採用されているとのことです。HIKAKINさんと福原さんは「あの7時間、意味なかったね」と、笑っていました。そんな「だれでも動画クリエイター!HIKAKIN BOX」(3980円/税別)は、8月3日に発売予定となっています。



 続いて登場したのは、演出家のテリー伊藤さん、お笑い芸人の古坂大魔王さん、タレントの井上咲楽さんの3人。「仮面ライダージオウの変身ベルト」や「たまごっち」など、時代を代表する玩具とともに、「おもちゃの過去と未来」を語る対談が行われました。



 子供の頃は電車のNゲージで遊んでいたり、大人になっても初代仮面ライダーの限定の変身ベルトを買って自宅の玄関に飾ったりしているというテリーさん。そのベルトを巻いて、女性を口説くこともあるとか……。一方の古坂大魔王さんは、子供の頃はゲームやキン肉マン消しゴム(キン消し)で遊んでいたそうで、自分で試合を第1試合から第7試合までマッチメイクして、1日7時間くらい1人でバッファローマンやキン肉マンを戦わせていたとのこと。

 そして、井上さんは学生時代に「たまごっち」で遊んでいたそうですが、学校に持っていけないため、おばあちゃんにやり方を教えて育ててもらっていたとのこと。すると、テリーさんは「たまごっち」について、ノーベル賞をあげてもいいと絶賛。「おもちゃは、やり終わったら捨てちゃう文化だった。でも、『たまごっち』は物を育てるという今まで全く無かった価値観。巨人の長嶋監督もキャンプの時にユニフォームのポケットの中に入れていた」と、意外なエピソードを披露。これには、会場のお客さんも「へぇ〜!」と驚いていました。



 また、テリーさんは「こんなおもちゃが未来にあったら……」というテーマで、「世界中のグーグルマップが映し出されるおもちゃ」と提案。ギリシャやパリの街並みを自宅の壁などに映し出すおもちゃだそうで、「世界中を家にいながらにして旅できる。年配の方からちびっこまで楽しめるので、大ヒットすると思います!」と豪語していました。そして、おもちゃについて「普段は演出家なので、物事を斜めから見てしまうが、おもちゃと接していると自分の本来の姿に戻れる大切な物」と話し、会場を後にしました。



 次に登場したのは、元サッカー日本代表でサッカー解説者の武田修宏さんと、和田アキ子さんのものまねで人気急上昇のものまねタレントのMr.シャチホコさん。ここでは、スマートフォンアプリと連動することで、遊びながら運動能力を高めるサポートをする小学生向けシューズ「UNLIMITIV(アンリミティブ)」を紹介。



 「UNLIMITIV」は、シューズのソールにセットしたセンサーユニットとスマートフォンが連動し、「ウォーク」「ラン」「ダッシュ」などの日常の動作から、「もも上げ(フットリフト)」「スタートダッシュ」などのトレーニングメニューまで、幅広くデータを測定できるということで、2人で「ガチンコもも上げ対決」が行われました。





 元日本体育大学のボクシング部出身という意外な経歴を持っているMr.シャチホコさんの記録は、28回のDランク。一方の武田さんは「俺は元日本代表ですよ。明後日も子どもたち100人とサッカー教室ですよ」と自信満々の様子。実際に「もも上げ」を開始すると、Mr.シャチホコさんも「速い!」とビックリ。結果は、58回のAランク。武田さんは「俺、まだ現役に戻れるかも」と、本気で喜んでいました。負けてしまったMr.シャチホコさんは、「この後、武田を飲みに連れてきます」と、和田さんのモノマネをしながらステージを降りていきました。



 この後に登場したのは、ダチョウ倶楽部の3人(肥後克広さん、寺門ジモンさん、上島竜兵さん)と、元TBSテレビアナウンサーの宇垣美里さん。ダンゴムシが丸まる様子を完全再現した世界初のカプセルトイ「だんごむし」シリーズや、キャッシュレス決済対応の最新型カプセル自販機「スマートガシャポン」を紹介しました。



 登場するなり、いきなり「ヤー!」といつもの決めポーズを披露したダチョウ倶楽部の3人。この日は「だんごむし」シリーズの累計販売数が、100万個を突破したことを記念して、くす玉が用意されたのですが、肥後さんが「ただのくす玉ではないような気がする……」と、不安気なコメント。そして、司会者から「それでは上島さんに引いてもらいましょう」と言われると、「いやいや、なんで俺なんですか」と、恒例のパターンが……。肥後さん、寺門さん、宇垣さんの「じゃあ、俺が」につられて、上島さんが手を挙げると、「どうぞ、どうぞ、どうぞ……」。これに会場は大盛り上がり(くす玉は普通のくす玉でした)。



 さらに、キャッシュレス決済対応の「スマートガシャポン」を、小さい頃からガシャポンが大好きで「今でも大人の財力を使って」やることもある宇垣さんが体験。その時に、出てきた商品を肥後さんと寺門さんにだけ渡したため、上島さんが「おかしいよ。俺の分なんで無いの?ごめんなさいじゃないよ!」と詰め寄り、チューをしようとしましたが、肥後さんにあっさり襟を掴まれ戻されていました。これに対して、怒った上島さんが「なんで、チューができないんだよ!」と地面を強く踏むと、肥後さんと寺門さんがジャンプ。「お客さんも、そう思うでしょ!?」と再び上島さんが地面を強く踏むと、今度はお客さんもジャンプ。この光景に宇垣さんは「スゴイ一体感!」と爆笑。終始、笑いが絶えない大盛況のステージでした。





 最後にステージに登場したのは、お笑い芸人の庄司智春さん(品川庄司)と、ひょっこりはんさん。家庭にあるダンボールで、弾丸を生成・装填して発射させることができるクラフトホビー「ダンボールコマンダー」の紹介をしました。



 ステージ中、実際に銃を組み立て、自分で作ったダンボールの弾丸で射撃対決をし、勝ったらネタを披露できることになった2人。勝ったのは、ひょっこりはん。「やったー!」とネタができることを喜んでいましたが、司会者から「せっかくなので、ダンボールでお願いします」と、ダンボールを1つ渡されるムチャぶり。困惑したまま、いつものひょっこりはんがネタをする時の音楽が鳴り始めると、アタフタしたまま最後はダンボールを頭から被り顔を出すだけという結果に……。



 しかし、会場からは笑いが起こり、これには庄司さんも「お客さん、優しすぎる」とコメント。さらに「このお客さんなら俺もやる」と、ダンボールを使ってパントマイム。最後は重量挙げのようにダンボールを持ち上げると、タンクトップを破り「うぉー!」と雄叫びを上げました。これにも会場からは笑いと拍手が送られ、庄司さんも「めっちゃ、優しい」と満足気。「最近、自信を無くしてたんですけど、取り戻しましたよ」と、意気揚々と会場を去っていきました。





 5つのステージすべて盛況で、お客さんの笑いが絶えなかったバンダイブース。本日、6月15日からはパブリックデー(一般公開)になり、入場無料で来場できます。バンダイブースでは、芸能人の方々が紹介した以外のおもちゃもたくさん展示しているので、実際に体験してみてはいかがでしょうか。

※訂正:初出時、仮面ライダージオウの表記に一部誤りがありました。訂正しお詫びいたします。

取材協力:株式会社バンダイ

(取材・撮影:佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「東京おもちゃショー」をもっと詳しく

「東京おもちゃショー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ