アクションドラマ「牙狼<GARO>」新シリーズ『神ノ牙-JINGA-』年内放送

6月15日(金)0時41分 オリコン

『牙狼<GARO>』の新シリーズ『神ノ牙-JINGA-』2018年放送(予定)(C)2018「JINGA」雨宮慶太/東北新社

写真を拡大

 2005年にテレビシリーズとして放送を開始したSF・ホラーアクションドラマ『牙狼<GARO>』の新シリーズ『神ノ牙-JINGA-』が、今年放送されることが発表された。

 『牙狼<GARO>』シリーズでは、人の“陰我”を喰らう魔獣「ホラー」を討滅するため、代々受け継がれし鎧(よろい)を召還し戦う「魔戒騎士」と、魔戒騎士の中でも最高位である「ガロ」の称号を受けた黄金騎士、そして彼らをサポートする「魔戒法師」の戦いを描いてきた。

 新作は、15年に放送されたテレビシリーズ『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』、18年1月に公開された劇場版『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』において、道外流牙=黄金騎士ガロの宿敵として登場した最凶のホラー・ジンガを主役に置いた物語。

 『牙狼<GARO>』シリーズに多く登場する悪役の中でも高い人気を誇るジンガを演じるのは、俳優の井上正大。17年11月には井上主演・総指揮のもと、ジンガを主人公としたオリジナルストーリーの舞台『牙狼<GARO>-神ノ牙 覚醒-』(主宰:銀岩塩)も上演されている。

 きょう15日から7月1日まで、東京・原宿にある新スタイルコミュニケーションスペース「AREA-Q」にて、『牙狼<GARO>』のコラボカフェ「牙狼<GARO> ‐魔戒ノ館‐」を開催。会場では、歴代シリーズの展示や歴代出演者のスペシャル映像の上映、スペシャルドリンクやフードも展開する。

オリコン

「牙狼」をもっと詳しく

「牙狼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ