高橋一生「『ドッキリでした!』って言われても…」村上春樹との初共演の心境を語る

6月15日(土)14時0分 TOKYO FM+

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるラジオ番組「村上RADIO」第6弾、「村上RADIO〜The Beatle Night〜」が6月16日(日)にTOKYO FMにて放送されます。それに先駆け、6月9日(日)に特別番組「村上RADIOプレスペシャル」を放送しました。パーソナリティの坂本美雨が、6月26日(水)におこなわれる公開収録「HARUKI MURAKAMI 40th Anniversary 村上JAM 〜村上RADIO SPECIAL NIGHT〜」(以下、『村上JAM』)に出演する村上さん、高橋一生さんのメッセージを紹介しました。



村上春樹さんは、作家デビュー前に東京・国分寺と千駄ヶ谷でジャズ・バー「ピーターキャット」を営み、ジャズを“本業”にしていた時期もありました。そんな村上さんの作品には、ジャズの名曲がたびたび登場します。

6月26日(水)におこなわれる「村上JAM」は、村上春樹さんの作家活動40周年を記念するイベントで、公開収録でもあります。村上さんと親交の深いジャズミュージシャンと150名のリスナーを招いて開催されます。

音楽監督に大西順子さん、特別ゲストに日本ジャズ界のレジェンド北村英治さんと渡辺貞夫クインテット、さらに数々のゲストを迎えてのジャム・セッションが繰り広げられます。そして、サプライズの朗読も!

この「村上JAM」について、村上さんからコメントが届きました。

「昔、JAZZの店を東京でやってまして。週に1回くらい、ライブをやってました。僕の好きなミュージシャンに来てもらって、演奏してもらってたんです。“村上JAM”は、その延長のような感じで、僕の好きな何人かのミュージシャンに集まってもらって、演奏してもらいます。
リズムセクションは大西順子さんのバンド。そこに、素晴らしいゲストが加わります。最後には、大ジャムセッションがあるかもしれません。それから、俳優の高橋一生さんが、僕の作品をいくつか朗読してくれます。僕も読もうかなと思っています。みなさんにお会いできるのを楽しみにしています」

この日の放送では、「村上JAM」に出演する高橋一生さんからのコメントも紹介しました。
以前より、村上作品の大ファンを公言している高橋さん。小説「騎士団長殺し」文庫化に際して、新潮社の雑誌「波」に2,000字を超えるエッセイを寄せたことでも話題になりました。

今回は、そんな高橋さんに、村上作品と「村上JAM」への意気込みについて語っていただきました。

「村上さんの作品は、中学生ぐらいから読ませていただいておりました。村上さんが形容される言葉の端々に、自分が主人公になったような感覚を覚えたり、自分が考えていることのように錯覚することもあります。知的で写実的な文体に“僕の世界と地続きで、村上さんが書かれている世界が存在しているんじゃないか……”と錯覚してしまうくらい。そんな、引き込まれるような魅力があります。

(『村上JAM』への出演については)子どものころからずっと読ませていただいている村上さんの眼前で、村上さんが書かれた小説の一節を読ませていただけるなんて、夢にも思わなかったので……。当日、会場に行って『ドッキリでした!』って言われても、『そうですよね』って言っちゃうくらいの(笑)、いまだに夢見心地みたいなところはあります。もし本当に、村上さんがいらっしゃるのであれば、しっかりと自分に課せられたものを全うしたいと思っております」

また、第6回「村上RADIO」放送直前6月16日(日)18:00〜18:55には、4月に放送された第5回「村上RADIO 〜愛のローラーコースター〜」の再放送が決定しています。ぜひ、併せてお楽しみください!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年6月17日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIOプレスペシャル
放送日時:2019年6月9日(日)19:00〜19:55
パーソナリティ:坂本美雨
コメント出演:村上春樹、向井滋春、高橋一生

TOKYO FM+

「村上春樹」をもっと詳しく

「村上春樹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ