トム・ヒドルストン、ロキの多面性を見てほしい ─ 「逃げ場のない彼はどうなってしまうのか」

6月15日(火)8時0分 THE RIVER

ロキ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズロキは、“悪戯の神”ロキの新たなる一面を掘り下げる作品となりそうだ。演じるトム・ヒドルストンが、マーベル・エンターテインメントの取材にて語っている。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)において、『アベンジャーズ』(2012)当時のロキは四次元キューブを手にして逃走。“神聖時系列”を監視する組織・TVA(Time Variance Authority)に捕縛されたロキは、メビウス(オーウェン・ウィルソン)とともにTVAの任務に協力することになる。『アベンジャーズ』当時から分岐したロキは、すでに従来のロキとは異なるものだ。

詩人ウォルト・ホイットマンの『ぼく自身の歌(Song of Myself)』の一節「私は多数を含んでいる(I contain multitudes.)」を引用して、トムは「僕たちは多数を含んでいます」と言う。「(ロキという役柄は)非常に多面的だと思います。彼の中には、協力し合う面や、対立し合う面が時に共存している。それが彼を演じることの喜びだし、内面の多様性を表現することはスリリングなものでした」

トムは『マイティ・ソー』(2011)から『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで、ロキの多面性をこそ表現してきたのだし、「ロキ」ではそうした性質がさらに深められていくのだろう。第1話『大いなる目的』では、すでにその一端を垣間見ることができる。新たな環境に置かれたロキがどんな表情を見せてくれるのか、トムの演技にも注目だ。

僕自身がファンのみなさんに一番見てもらいたいのは、逃げ場のないロキは一体どうなってしまうのか、ということ。もはや彼は自分自身を騙すこともできないし……これくらいでやめておきましょう、喋りすぎてしまうから。」

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は配信中。

Sources: Marvel


THE RIVER

「アベンジャーズ」をもっと詳しく

「アベンジャーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ